2004.06.15

【クイズ:処方せんを読む】 狭心症患者に併用されたACE阻害剤

 日経ドラッグインフォメーション6月号から、「クイズ:処方せんを読む」を紹介します。お試しください。
__________________________「?」___

 狭心症で総合病院の心臓血管外科にかかっている56歳の男性Uさんが、受診の帰り道に薬局を訪れました。処方変更があったため確認すると、Uさんは次のような質問をしました。

 出勤の時に発作が起きてニトロペンを使ったことを先生に話したら、「薬が効きにくくなっているかもしれませんから、新しい薬を追加しておきましょう」と言われました。どんどん薬ばかり増えて不安なのですが、追加されたのは、どのようなお薬ですか。

◆処方せん
(1) アダラートCR錠40mg 1錠
  ロンゲス錠10mg 1錠
  分1 朝食後 30日分
(2) アイトロール錠20mg 2錠
   分2 朝夕食後 30日分
(3) ノイキノン錠10mg 3錠
  シグマート錠5mg 3錠
  分3 毎食後 30日分
(4) フランドルテープS 30枚
   1日1枚貼付(入浴後に貼り替え)
*今回から、ロンゲス錠(一般名:リシノプリル、ACE阻害剤)が追加された。また、不定期に「ニトロペン錠 10錠 発作時頓用」が処方されている。

Q Uさんの場合、ロンゲスを追加することでどのような効果が期待できるか。

答えは本誌2004年6月号をご覧下さい。
日経BP記事検索サービスでもご覧になれます(2004.6.17〜)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:222
  3. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  4. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:237
  5. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:56
  6. 若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗… 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385
  8. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  9. 「怒鳴る」「注意できない」管理者の結末 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:6
  10. 2016年の梅毒患者は4500人超、最多の東京都… 前年比で大幅増加 FBシェア数:239