2004.06.15

【クイズ:処方せんを読む】 狭心症患者に併用されたACE阻害剤

 日経ドラッグインフォメーション6月号から、「クイズ:処方せんを読む」を紹介します。お試しください。
__________________________「?」___

 狭心症で総合病院の心臓血管外科にかかっている56歳の男性Uさんが、受診の帰り道に薬局を訪れました。処方変更があったため確認すると、Uさんは次のような質問をしました。

 出勤の時に発作が起きてニトロペンを使ったことを先生に話したら、「薬が効きにくくなっているかもしれませんから、新しい薬を追加しておきましょう」と言われました。どんどん薬ばかり増えて不安なのですが、追加されたのは、どのようなお薬ですか。

◆処方せん
(1) アダラートCR錠40mg 1錠
  ロンゲス錠10mg 1錠
  分1 朝食後 30日分
(2) アイトロール錠20mg 2錠
   分2 朝夕食後 30日分
(3) ノイキノン錠10mg 3錠
  シグマート錠5mg 3錠
  分3 毎食後 30日分
(4) フランドルテープS 30枚
   1日1枚貼付(入浴後に貼り替え)
*今回から、ロンゲス錠(一般名:リシノプリル、ACE阻害剤)が追加された。また、不定期に「ニトロペン錠 10錠 発作時頓用」が処方されている。

Q Uさんの場合、ロンゲスを追加することでどのような効果が期待できるか。

答えは本誌2004年6月号をご覧下さい。
日経BP記事検索サービスでもご覧になれます(2004.6.17〜)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「これって労災ですよね」 腰痛の職員が院長に要求 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:41
  2. 輸血拒否の患者に緊急輸血の必要が生じたら 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:4
  3. 90歳代女性。食欲低下、息切れ 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  4. 頭痛の問診を見れば医師の能力が分かる 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」 FBシェア数:56
  5. CKDガイドラインと整合性のあるJSH2019に 学会トピック◎第7回臨床高血圧フォーラム FBシェア数:52
  6. 術中に肉眼では分からない癌やリンパ節が光る リポート◎広がる蛍光ガイド手術 FBシェア数:104
  7. 脳内出血しやすい高齢者はこう見分ける リポート◎悩ましい高齢者への抗凝固療法 FBシェア数:100
  8. 医院の開設工事に着手、地中から出てきたのは… 開業の落とし穴 FBシェア数:40
  9. 専門医資格をとるメリットが分かりません 医学生座談会◎新専門医制度って何がしたいの? FBシェア数:3
  10. 医師に落ち度のない「事故」をどう収めるか なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:43
医師と医学研究者におすすめの英文校正