2004.06.15

【クイズ:服薬指導―2】 自律神経失調症治療薬の相互作用

 日経ドラッグインフォメーション6月号から、「クイズ:服薬指導―2」を紹介します。お試しください。
__________________________「?」___

 自律神経失調症の治療で産婦人科診療所に通院している56歳の女性Fさんが、診察を受けた帰り道に薬局を訪れました。投薬時、Fさんは不安そうな様子で次のような質問をしました。

 かぜ気味なので先生に相談して、咳止めと抗生物質をもらうことになったのですが、処方せんを書いている時に、先生が「Fさんが飲んでいるお薬は、飲み合わせの悪い抗生物質があって……」と言っていました。先生には聞けなかったのですが、飲み合わせの問題があるというのはどのお薬ですか。今のお薬を飲むようになってから、他の病院で抗生物質をもらったこともあるのですが、大丈夫でしょうか。

◆処方せん
(1) ハイゼット錠50 1錠
  分1 朝食後服用 30日分
(2) メリスロン錠6mg 3錠
  分3 毎食後服用 30日分
(3) 2mgセルシン錠 2錠
  分2 朝・夕食後服用 30日分
(4) メジコン錠15mg 3錠
  分3 毎食後服用 4日分
(5) バナン錠(100mg) 2錠
  分2 朝・夕食後服用 4日分
*(1)(2)(3)はDo処方。今回、(4)と(5)が追加処方された。

Q Fさんが継続服用している薬剤のうち、抗菌剤との相互作用が知られているのはどれか。また、その相互作用の対象となる抗菌剤は何か。
(1) ハイゼット(一般名:γ-オリザノール、心身症治療薬)
(2) メリスロン(一般名:メシル酸ベタヒスチン、抗めまい剤)
(3) セルシン(一般名:ジアゼパム、ベンゾジアゼピン系抗不安剤)

答えは本誌2004年6月号をご覧下さい。
日経BP記事検索サービスでもご覧になれます(2004.6.17〜)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:41
  2. 叱るのが苦手…、態度が悪い職員にどう指導? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:4
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:426
  4. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:6
  5. 遠隔医療、ネット診療って儲かるの? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:29
  6. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  7. 医療者を守る放射線防護の10カ条 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:83
  8. 「管理薬剤師以外は派遣」の薬局が迎えた結末 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:4
  9. 在宅医療のサービス提供、評価のあり方を議論 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:67
  10. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:449