2004.06.15

【クイズ:服薬指導―2】 自律神経失調症治療薬の相互作用

 日経ドラッグインフォメーション6月号から、「クイズ:服薬指導―2」を紹介します。お試しください。
__________________________「?」___

 自律神経失調症の治療で産婦人科診療所に通院している56歳の女性Fさんが、診察を受けた帰り道に薬局を訪れました。投薬時、Fさんは不安そうな様子で次のような質問をしました。

 かぜ気味なので先生に相談して、咳止めと抗生物質をもらうことになったのですが、処方せんを書いている時に、先生が「Fさんが飲んでいるお薬は、飲み合わせの悪い抗生物質があって……」と言っていました。先生には聞けなかったのですが、飲み合わせの問題があるというのはどのお薬ですか。今のお薬を飲むようになってから、他の病院で抗生物質をもらったこともあるのですが、大丈夫でしょうか。

◆処方せん
(1) ハイゼット錠50 1錠
  分1 朝食後服用 30日分
(2) メリスロン錠6mg 3錠
  分3 毎食後服用 30日分
(3) 2mgセルシン錠 2錠
  分2 朝・夕食後服用 30日分
(4) メジコン錠15mg 3錠
  分3 毎食後服用 4日分
(5) バナン錠(100mg) 2錠
  分2 朝・夕食後服用 4日分
*(1)(2)(3)はDo処方。今回、(4)と(5)が追加処方された。

Q Fさんが継続服用している薬剤のうち、抗菌剤との相互作用が知られているのはどれか。また、その相互作用の対象となる抗菌剤は何か。
(1) ハイゼット(一般名:γ-オリザノール、心身症治療薬)
(2) メリスロン(一般名:メシル酸ベタヒスチン、抗めまい剤)
(3) セルシン(一般名:ジアゼパム、ベンゾジアゼピン系抗不安剤)

答えは本誌2004年6月号をご覧下さい。
日経BP記事検索サービスでもご覧になれます(2004.6.17〜)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:39
  2. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:143
  3. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:175
  4. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:147
  5. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:212
  6. 50歳男性、夜中の意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. 食べられない高齢者にはこう介入する Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:174
  8. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:55
  9. プライマリ・ケア連合学会が成人までカバーしたワク… 学会トピック◎第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:107
  10. 身体障害を克服して信玄に仕えた 山本勘助 病と歴史への招待 FBシェア数:1
医師と医学研究者におすすめの英文校正