2004.06.15

【クイズ:服薬指導―2】 自律神経失調症治療薬の相互作用

 日経ドラッグインフォメーション6月号から、「クイズ:服薬指導―2」を紹介します。お試しください。
__________________________「?」___

 自律神経失調症の治療で産婦人科診療所に通院している56歳の女性Fさんが、診察を受けた帰り道に薬局を訪れました。投薬時、Fさんは不安そうな様子で次のような質問をしました。

 かぜ気味なので先生に相談して、咳止めと抗生物質をもらうことになったのですが、処方せんを書いている時に、先生が「Fさんが飲んでいるお薬は、飲み合わせの悪い抗生物質があって……」と言っていました。先生には聞けなかったのですが、飲み合わせの問題があるというのはどのお薬ですか。今のお薬を飲むようになってから、他の病院で抗生物質をもらったこともあるのですが、大丈夫でしょうか。

◆処方せん
(1) ハイゼット錠50 1錠
  分1 朝食後服用 30日分
(2) メリスロン錠6mg 3錠
  分3 毎食後服用 30日分
(3) 2mgセルシン錠 2錠
  分2 朝・夕食後服用 30日分
(4) メジコン錠15mg 3錠
  分3 毎食後服用 4日分
(5) バナン錠(100mg) 2錠
  分2 朝・夕食後服用 4日分
*(1)(2)(3)はDo処方。今回、(4)と(5)が追加処方された。

Q Fさんが継続服用している薬剤のうち、抗菌剤との相互作用が知られているのはどれか。また、その相互作用の対象となる抗菌剤は何か。
(1) ハイゼット(一般名:γ-オリザノール、心身症治療薬)
(2) メリスロン(一般名:メシル酸ベタヒスチン、抗めまい剤)
(3) セルシン(一般名:ジアゼパム、ベンゾジアゼピン系抗不安剤)

答えは本誌2004年6月号をご覧下さい。
日経BP記事検索サービスでもご覧になれます(2004.6.17〜)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256