2004.06.15

第7回治験の国際化シンポジウム、総合テーマは「治験、残された課題―医師、CRCの治験へのやる気とは?−」

 治験の国際化シンポジウム組織委員会(代表世話人:伊藤澄信氏、順天堂大学医学部・大学院医学研究科臨床薬理学・総合診療科教授 順天堂医院薬剤部長・GCPセンター長) は9月4日、パシフィコ横浜・会議センター メインホールで、第7回治験の国際化シンポジウムを開催する。総合テーマは「治験、残された課題―医師、CRCの治験へのやる気とは?−」。「日米欧の治験、臨床研究のレビュー」や「日本の医師およびCRCの治験へのやる気について」のテーマによるシンポジウムのほか、日本学術会議の黒川清氏による基調講演も予定している。

 「日米欧の治験、臨床研究のレビュー」では、日欧米の治験の現状を比較しながら、欧米治験関係者との討論を行う。

 また、「日本の医師およびCRCの治験へのやる気について」では、わが国における治験のあり方を探る。日本製薬工業協会から「依頼者から見た治験の現状と施設選定の方向性」と題する報告があるほか、「患者のアンケートから見た見解も含めて」と題する医療現場からの発表。さらには、「治験実施医師としてのやる気」「国立病院機構ならびに各病院での治験への取り組み」「研修医等の治験教育に関して」「CRCから見た治験へのやる気および医師の治験へのやる気について」などの発表を予定。これらを踏まえた総合討論も行う。

 参加申し込みなど詳しくは、ホームページ(http://www.mtz.co.jp/chiken/index.html)まで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 脳内出血しやすい高齢者はこう見分ける リポート◎悩ましい高齢者への抗凝固療法 FBシェア数:69
  2. 専門医資格をとるメリットが分かりません 医学生座談会◎新専門医制度って何がしたいの? FBシェア数:3
  3. 「神経内科」改め「脳神経内科」をよろしく! 日本神経学会代表理事の高橋良輔氏に聞く FBシェア数:370
  4. 3歳女児。掌蹠に痒みを伴う多発性の水疱・膿疱 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:1
  5. 医師に落ち度のない「事故」をどう収めるか なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:36
  6. 術中に肉眼では分からない癌やリンパ節が光る リポート◎広がる蛍光ガイド手術 FBシェア数:62
  7. 輸血拒否の患者に緊急輸血の必要が生じたら 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:0
  8. カマグ、アミティーザ、グーフィス、何を使う? 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」 FBシェア数:145
  9. 糖尿病合併高血圧の降圧療法、第一選択薬は? 学会トピック◎第7回臨床高血圧フォーラム FBシェア数:34
  10. 85歳女性、心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正