2004.06.15

第7回治験の国際化シンポジウム、総合テーマは「治験、残された課題―医師、CRCの治験へのやる気とは?−」

 治験の国際化シンポジウム組織委員会(代表世話人:伊藤澄信氏、順天堂大学医学部・大学院医学研究科臨床薬理学・総合診療科教授 順天堂医院薬剤部長・GCPセンター長) は9月4日、パシフィコ横浜・会議センター メインホールで、第7回治験の国際化シンポジウムを開催する。総合テーマは「治験、残された課題―医師、CRCの治験へのやる気とは?−」。「日米欧の治験、臨床研究のレビュー」や「日本の医師およびCRCの治験へのやる気について」のテーマによるシンポジウムのほか、日本学術会議の黒川清氏による基調講演も予定している。

 「日米欧の治験、臨床研究のレビュー」では、日欧米の治験の現状を比較しながら、欧米治験関係者との討論を行う。

 また、「日本の医師およびCRCの治験へのやる気について」では、わが国における治験のあり方を探る。日本製薬工業協会から「依頼者から見た治験の現状と施設選定の方向性」と題する報告があるほか、「患者のアンケートから見た見解も含めて」と題する医療現場からの発表。さらには、「治験実施医師としてのやる気」「国立病院機構ならびに各病院での治験への取り組み」「研修医等の治験教育に関して」「CRCから見た治験へのやる気および医師の治験へのやる気について」などの発表を予定。これらを踏まえた総合討論も行う。

 参加申し込みなど詳しくは、ホームページ(http://www.mtz.co.jp/chiken/index.html)まで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:262
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:247
  3. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:189
  4. 若年男性の下腹部激痛ではパンツを脱がせろ! カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:20
  5. 甲状腺機能は低めの方が余命は長い JAMA Intern Med誌から FBシェア数:123
  6. 「一般的な勤務医は労働者」に議論の余地なし 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(前編) FBシェア数:255
  7. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:29
  8. 敗血症は治る病気です 特集◎あなたが救う敗血症《インタビュー》 FBシェア数:6
  9. 98%が「心不全患者の緩和ケアは必要」 学会トピック◎第21回日本心不全学会学術集会 FBシェア数:132
  10. 医師の働き方改革、今後の論点は大きく4項目 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(後編) FBシェア数:55