2004.06.15

第7回治験の国際化シンポジウム、総合テーマは「治験、残された課題―医師、CRCの治験へのやる気とは?−」

 治験の国際化シンポジウム組織委員会(代表世話人:伊藤澄信氏、順天堂大学医学部・大学院医学研究科臨床薬理学・総合診療科教授 順天堂医院薬剤部長・GCPセンター長) は9月4日、パシフィコ横浜・会議センター メインホールで、第7回治験の国際化シンポジウムを開催する。総合テーマは「治験、残された課題―医師、CRCの治験へのやる気とは?−」。「日米欧の治験、臨床研究のレビュー」や「日本の医師およびCRCの治験へのやる気について」のテーマによるシンポジウムのほか、日本学術会議の黒川清氏による基調講演も予定している。

 「日米欧の治験、臨床研究のレビュー」では、日欧米の治験の現状を比較しながら、欧米治験関係者との討論を行う。

 また、「日本の医師およびCRCの治験へのやる気について」では、わが国における治験のあり方を探る。日本製薬工業協会から「依頼者から見た治験の現状と施設選定の方向性」と題する報告があるほか、「患者のアンケートから見た見解も含めて」と題する医療現場からの発表。さらには、「治験実施医師としてのやる気」「国立病院機構ならびに各病院での治験への取り組み」「研修医等の治験教育に関して」「CRCから見た治験へのやる気および医師の治験へのやる気について」などの発表を予定。これらを踏まえた総合討論も行う。

 参加申し込みなど詳しくは、ホームページ(http://www.mtz.co.jp/chiken/index.html)まで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:290
  2. 傍観者 じたばたナース FBシェア数:27
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:487
  4. あなたの水晶体を守る防護眼鏡の選び方 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:59
  5. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 地域包括ケアは「囲い込み」から「連合」へ 記者の眼 FBシェア数:141
  7. インフルエンザ脳症、今季初の死亡例 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:257
  8. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:16
  9. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:429
  10. 片麻痺+ショックの答えはほぼ1つ カデット特集●救急Tips99 FBシェア数:0