2004.06.15

厚生労働省が警告 コンフリーの摂食で健康被害のおそれ

 厚生労働省は6月14日、シンフィツム(いわゆるコンフリー)を摂食することで健康被害が生じるおそれがあるとし、コンフリーおよびこれを含む食品の製造・販売・輸入の自粛のほか、回収などの自主的な措置の実施を求めた。また、消費者に対しては、販売されたコンフリー及びこれを含む食品の摂取を控えること、自生あるいは自家栽培したコンフリーについても摂取を控えること、などを求めた。

 同日、食品安全委員会かび毒・自然毒等専門調査会は、「コンフリー(Symphytum spp.)が原因と思われるヒトの肝静脈閉塞性疾患などの健康被害例が海外において多数報告され、また、日本においてコンフリーを使用した健康食品等がインターネットを使って販売されていることなどから、日本においてもコンフリーを摂食することによって健康被害が生じるおそれがある」などとする見解をまとめた。

 たとえば、カナダ保健省は2003年12月、肝機能障害を起こすおそれがあるエチミジン(echimidine)を含む可能性があるとして、消費者に対しコンフリーあるいはコンフリーを含む健康食品を使用しないように勧告している(カナダ保健省)。

 厚労省の発表資料は、こちら。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. KL-6上昇時に見逃されやすい疾患は? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:256
  2. 検査は鑑別診断に意味あるものをオーダーせよ! 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:94
  3. ドラマ「コード・ブルー」が始まったけど… 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:572
  4. プール熱は過去10年で最多レベル、手足口病も2年… 今夏は例年とは異なる型のウイルスが主流か FBシェア数:169
  5. 末期患者の切実な願いに応えた看護師の機転 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:69
  6. 茅ヶ崎市立病院から1億円以上の薬剤が紛失 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:117
  7. レーシックの欠点補う近視矯正手術SMILE リポート◎第三の視力矯正手術の実力は? FBシェア数:268
  8. ピロリ除菌で思い出す、あの格闘家 クスリの名前 探検隊 FBシェア数:51
  9. 「棒」摘出を巡る、一生忘れられないある体験 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:53
  10. 外勤で手を抜いてない? 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:23