2004.06.15

厚生労働省が警告 コンフリーの摂食で健康被害のおそれ

 厚生労働省は6月14日、シンフィツム(いわゆるコンフリー)を摂食することで健康被害が生じるおそれがあるとし、コンフリーおよびこれを含む食品の製造・販売・輸入の自粛のほか、回収などの自主的な措置の実施を求めた。また、消費者に対しては、販売されたコンフリー及びこれを含む食品の摂取を控えること、自生あるいは自家栽培したコンフリーについても摂取を控えること、などを求めた。

 同日、食品安全委員会かび毒・自然毒等専門調査会は、「コンフリー(Symphytum spp.)が原因と思われるヒトの肝静脈閉塞性疾患などの健康被害例が海外において多数報告され、また、日本においてコンフリーを使用した健康食品等がインターネットを使って販売されていることなどから、日本においてもコンフリーを摂食することによって健康被害が生じるおそれがある」などとする見解をまとめた。

 たとえば、カナダ保健省は2003年12月、肝機能障害を起こすおそれがあるエチミジン(echimidine)を含む可能性があるとして、消費者に対しコンフリーあるいはコンフリーを含む健康食品を使用しないように勧告している(カナダ保健省)。

 厚労省の発表資料は、こちら。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176