2004.06.15

厚生労働省が警告 コンフリーの摂食で健康被害のおそれ

 厚生労働省は6月14日、シンフィツム(いわゆるコンフリー)を摂食することで健康被害が生じるおそれがあるとし、コンフリーおよびこれを含む食品の製造・販売・輸入の自粛のほか、回収などの自主的な措置の実施を求めた。また、消費者に対しては、販売されたコンフリー及びこれを含む食品の摂取を控えること、自生あるいは自家栽培したコンフリーについても摂取を控えること、などを求めた。

 同日、食品安全委員会かび毒・自然毒等専門調査会は、「コンフリー(Symphytum spp.)が原因と思われるヒトの肝静脈閉塞性疾患などの健康被害例が海外において多数報告され、また、日本においてコンフリーを使用した健康食品等がインターネットを使って販売されていることなどから、日本においてもコンフリーを摂食することによって健康被害が生じるおそれがある」などとする見解をまとめた。

 たとえば、カナダ保健省は2003年12月、肝機能障害を起こすおそれがあるエチミジン(echimidine)を含む可能性があるとして、消費者に対しコンフリーあるいはコンフリーを含む健康食品を使用しないように勧告している(カナダ保健省)。

 厚労省の発表資料は、こちら。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:67
  2. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:188
  3. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:136
  4. 昭和大学病院の「働き方改革」は成功するか シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:425
  5. 三十六回の手術の末 安楽死を選んだフロイト 病と歴史への招待 FBシェア数:137
  6. STEMをねらえ! Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:18
  7. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:19
  8. 抗認知症薬の使用・選択の5つの考え方 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:81
  9. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:11
  10. インスリンポンプは胸の谷間に入れるもの!? 緒方さやかの「米国NPの診察日記」 FBシェア数:215