2004.06.15

【クイズ:服薬指導―1】 心筋梗塞後患者の運動は是か非か

 日経ドラッグインフォメーション6月号から、「クイズ:服薬指導―1」を紹介します。お試しください。
__________________________「?」___

 前月、急性心筋梗塞で3週間ほど総合病院に入院していた65歳の男性Oさんが、診察を受けた帰り道に薬局を訪れました。薬を受け取る際、Oさんは、心配そうな様子で次のような質問をしました。

 心筋梗塞を一度起こすと心臓が弱くなると聞いたので、お薬はきちんと飲んでいるのですが、今日も病院で「薬だけではなく、運動もメニュー通りにきちんとしてください」と言われました。でも、運動をすると、また心臓がおかしくなるのではないかと心配です。薬も飲んでいるのに、本当に運動をして大丈夫なのでしょうか。

◆処方せん
(1) アーチスト錠10mg    1錠
(2) ブロプレス錠4     1錠
(3) バイアスピリン錠100mg 1錠
(4) リピトール錠10mg    1錠
 1日2回 朝・夕食後服用 14日分

Q 心筋梗塞に関する次の説明のうち、正しいものはどれか。
(1) 心筋梗塞は激しい胸痛が特徴だが、数分で治まることが多い。
(2) 入院中は安静臥床が原則で、退院後に本格的な運動療法を開始する。
(3) 適切な運動療法により、心不全の合併や心筋梗塞再発のリスクを低減できる。
(4) 退院後に行う運動は、運動強度や内容に特に制限はない。

答えは本誌2004年6月号をご覧下さい。
日経BP記事検索サービスでもご覧になれます(2004.6.17〜)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:127
  2. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:64
  3. CT読影レポートの見落し、どうすれば防げる? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:62
  4. 55歳女性。両眼瞼の掻痒、発赤腫脹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  5. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:38
  6. 新しい外来診察室で働き方が変わる ケーススタディ◎グッドデザイン賞を受賞した「ユニバーサル外来」 FBシェア数:7
  7. 50代男性「肺炎が治らない」で注意すべきは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  8. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:129
  9. 10歳男児。頭痛、嘔吐、けいれん 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  10. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:33
医師と医学研究者におすすめの英文校正