2004.06.14

CDCが米Immunetics社と共同で初の炭疽菌感染検査キット開発

 米国疾病対策センター(CDC)は6月7日、米Immunetics社(マサチューセッツ州ボストン)と共同で、初の炭疽菌感染検査キットを開発し、このほどFDAの承認を得たことを公表した。

 この検査キットの名前は、「Anthrax Quick ELISA」。従来の抗体を調べる方法では、結果を得るのに約4時間要したが、Anthrax Quick ELISAでは1時間以内で済むという。この検査キットは近く、米国内の民間検査センターで使用可能になるという。これまでは、CDCや米国陸軍以外で、炭疽菌の抗体検査が可能な検査センターは、ごく僅かだった。

 なおCDCによると、米国で2001年に起こった炭疽菌によるテロ攻撃で、22人が発症、5人が死亡したという。ヒトへの感染は、感染した動物を扱ったり、炭疽菌の胞子を吸い込むことなどで起こるとしている。詳しくは、CDCのニュース・リリースまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 職員が2グループに分裂、退職相次ぐ事態に 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:40
  2. 83歳男性。両下肢の脱力 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 保険者の突合点検で発覚した検査料の誤請求 あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:46
  4. 慈恵医大、画像診断所見放置で新たに2人死亡 画像診断報告書の確認漏れが相次ぐ FBシェア数:192
  5. “根室の奇跡” 耐性肺炎球菌を減らせた秘策 事例研究◎抗菌薬を適切に使えば必ず地域社会を変えられる FBシェア数:245
  6. 怒りのピーク「7秒間」を制する極意 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:24
  7. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:14
  8. ハーボニーが使えないC型肝炎患者はどうなる? 記者の眼 FBシェア数:0
  9. やる気のある職員が定着しない…打開策は? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:116
  10. 「What can I help you wit… 実践!医療英語「このフレーズ、英語で何と言う?」 FBシェア数:1