2004.06.14

進行膵癌の第3相試験で4剤併用が好成績、1年生存率38.5%を実現

 ステージ4Aまたは転移がある進行膵癌患者に対して実施されたシスプラチン(P)、エピルビシン(E)、5-FU(F)、ゲムシタビン(G)の4剤併用療法(PEFG)と、標準治療であるゲムシタビン単剤療法を比較する第3相臨床試験が行われ、4カ月間の無増悪生存率で62%対28%、奏功率で40%対8.4%などと、ゲムシタビン単剤療法を大幅に上回る好成績が得られた。6月8日のポスターセッション「消化器癌(大腸を除く)」でイタリアVerona大学のMichele Reni氏が報告した。

 Reni氏らは、ステージ4A(転移なし)または転移がある進行膵癌の成人患者99人を登録した無作為化多施設比較試験を実施した。PEFGレジメンは、シスプラチン(40mg/m2、1日目)、エピルビシン(40mg/m2、1日目)、5-FU(1日200mg/m2、持続投与)、ゲムシタビン(600mg/m2、1、8日目)として4週間サイクルで実施した。

 その結果、プライマリエンドポイントである4カ月の無増悪生存率で、PEFG治療群はゲムシタビン単剤の28%を大きく上回る62%という良好な結果を得た。増悪までの期間の中央値も5.3カ月対3.3カ月でPEFGが有意に長かった。1年生存率では38.5%対21.3%、2年生存率では12.3%対2.6%でPEFGが優っていた。ただし、PEFGはゲムシタビンに対し、顆粒球減少が43%対19%、血小板減少が29%対2%と血液毒性が有意に高かった。

 進行膵癌に対する化学療法では、新規血管新生阻害薬のベバシズマブを除いて、ゲムシタビン単剤療法を上回る成績が得られたものは見当たらない。その中で、Reni氏らの4剤併用療法は注目すべき成績をあげたと言える。会場を移して行われた総合討論では、第3相試験としては1アーム当たり50人と少ないこと、プライマリエンドポイントが4カ月の無増悪生存率という非標準的なものであることなどから、全生存率をエンドポイントとした第3相試験を実施すべきだと指摘された。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:87
  2. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:148
  3. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:56
  4. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:180
  5. 働き方改革の「緊急的取り組み」今月中に通知へ シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:91
  6. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:77
  7. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:211
  8. 持効型インスリン:デグルデクがシェア伸ばす NMO処方サーベイ FBシェア数:36
  9. 記録が伸びないアスリートに多い内科的疾患 記者の眼 FBシェア数:64
  10. 約2000万人の未診断者が課題 特集◎生活習慣病 7つの新常識《インタビュー》 FBシェア数:59
医師と医学研究者におすすめの英文校正