2004.06.14

日本臨床整形外科医会理事長に聞く 「診療報酬改定で経営環境は改善せず」

 日本臨床整形外科医会・理事長の角南義文氏は6月10日、日経ヘルスケア21誌のインタビューに答え、2004年4月の診療報酬改定の影響について「依然として経営環境は改善していない」と述べた。

 前回の2002年4月改定は診療報酬本体が1.3%引き下げられ、中でも整形外科は消炎鎮痛等処置及び介達牽引、リハビリテーションに月内逓減制が導入されて大きなダメージを被った。

 これに対し、2004年改定では報酬本体がプラスマイナスゼロで落ち着き、不合理な体系がある程度解消された。例えば、「急性発症した脳血管疾患等の疾患の患者」については、発症後180日以内だと消炎鎮痛等処置と介達牽引の逓減が従来の「合計5回目以降」から「合計7回目以降」に変更されたほか、発症後90日以内だとリハビリの個別療法が逓減の対象から外れた。

 角田氏は「『脳血管疾患等の疾患』の要件には、四肢の骨折・切断・離断・腱損傷といった整形外科系の疾患も含まれる。だが、一般的な診療所でこれらの患者はせいぜい全体の2〜3%程度しか該当せず、改定後の2カ月間をみても増収につながった診療所はほとんどない」と話している。
(村松謙一、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:177
  2. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:539
  3. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:319
  4. 1日で299人、悪夢のような銃創ラッシュ 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:112
  5. 「ネットは仕事に悪影響」と電カル未導入の病院 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:65
  6. 往診に行ったら仏壇をチェック!? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:152
  7. 意外と知らない看取りの手順 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:67
  8. 第7次医療計画の作成指針案が了承 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:2
  9. インフルエンザ、推計患者が100万人に迫る インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:228
  10. ニボルマブは進行胃癌の3次治療として有効【ASC… 日経メディカルOncologyニュース FBシェア数:31