2004.06.10

【ASCO2004ダイレクト】 進行膵癌の第3相試験で4剤併用が好成績、1年生存率38.5%を実現

 ステージ4Aまたは転移がある進行膵癌患者に対して実施されたシスプラチン(P)、エピルビシン(E)、5-FU(F)、ゲムシタビン(G)の4剤併用療法(PEFG)と、標準治療であるゲムシタビン単剤療法を比較する第3相臨床試験が行われ、4カ月間の無増悪生存率で62%対28%、奏功率で40%対8.4%などと、ゲムシタビン単剤療法を大幅に上回る好成績が得られた。6月8日のポスターセッション「消化器癌(大腸を除く)」でイタリアVerona大学のMichele Reni氏が報告した。

 Reni氏らは、ステージ4A(転移なし)または転移がある進行膵癌の成人患者99人を登録した無作為化多施設比較試験を実施した。PEFGレジメンは、シスプラチン(40mg/m2、1日目)、エピルビシン(40mg/m2、1日目)、5-FU(1日200mg/m2、持続投与)、ゲムシタビン(600mg/m2、1、8日目)として4週間サイクルで実施した。

 その結果、プライマリエンドポイントである4カ月の無増悪生存率で、PEFG治療群はゲムシタビン単剤の28%を大きく上回る62%という良好な結果を得た。増悪までの期間の中央値も5.3カ月対3.3カ月でPEFGが有意に長かった。1年生存率では38.5%対21.3%、2年生存率では12.3%対2.6%でPEFGが優っていた。ただし、PEFGはゲムシタビンに対し、顆粒球減少が43%対19%、血小板減少が29%対2%と血液毒性が有意に高かった。

 進行膵癌に対する化学療法では、新規血管新生阻害薬のベバシズマブを除いて、ゲムシタビン単剤療法を上回る成績が得られたものは見当たらない。その中で、Reni氏らの4剤併用療法は注目すべき成績をあげたと言える。会場を移して行われた総合討論では、第3相試験としては1アーム当たり50人と少ないこと、プライマリエンドポイントが4カ月の無増悪生存率という非標準的なものであることなどから、全生存率をエンドポイントとした第3相試験を実施すべきだと指摘された。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:15
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:3
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:950
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 医師を待たずに緊急時のカテーテル交換 ケーススタディー◎訪問看護ステーション愛美園(茨城県桜川市) FBシェア数:20
  7. 病院全損の理事長が今語る、被災病院が歩むいばらの… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:5
  8. 看護師特定行為研修、制度見直しに向け検討へ 開始から1年半、研修修了者が増えない実態を踏まえ FBシェア数:143
  9. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  10. 郵送も可能なウェアラブル機器で心房細動を検出 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:54