2004.06.10

日本、国際たばこ規制枠組条約を6月8日付けで正式受諾、先進大国ではトップ切る

 外務省は6月8日、世界保健機関(WHO)が策定し、発効に向けて準備を進めている「たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約」の受諾書を6月8日付けでニューヨークの国連本部で国連事務総長に寄託した。これで日本は同条約の19番目の締結国になった。

 たばこ規制枠組条約は保健分野では初めての多国間条約で、2003年5月のWHO総会で決議された。未成年向け広告の規制や密輸など不法取引の防止などに関して国際的な取り組みを目指している。本条約の発効には40カ国の批准、締結が必要となる。署名国は6月9日現在で124カ国にのぼっているが、締結国は19カ国しかない。日本は人口1000万人以上のいわゆる先進大国としては最初の締結国になった。外務省では、「条約の受諾は、保健分野の国際協力に関する日本の積極的な姿勢を示すうえで意義がある」としている。

 外務省のプレスリリースはこちらを参照。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. “根室の奇跡” 耐性肺炎球菌を減らせた秘策 事例研究◎抗菌薬を適切に使えば必ず地域社会を変えられる FBシェア数:177
  2. 59歳女性。めまい 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:10
  4. レーシックの欠点補う近視矯正手術SMILE リポート◎第三の視力矯正手術の実力は? FBシェア数:145
  5. 保険者の突合点検で発覚した検査料の誤請求 あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:34
  6. 塩野義製薬の新規抗インフルエンザ薬、第3相臨床試… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:250
  7. 俺はいたって元気なんだけどなあ〜 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:27
  8. 83歳男性。両下肢の脱力 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. 抗菌薬使用最適化にクリニカルパス見直しが効く 事例研究◎院内で活躍する感染制御部 FBシェア数:94
  10. 皮膚膿瘍は切開排膿後の抗菌薬で治癒率上昇 NEJM誌から FBシェア数:2