2004.06.10

小細胞肺癌に対して、イマチニブは反応せず

 BCR-ABLチロシンキナーゼ阻害薬であるイマチニブは、消化管間質腫瘍(GIST)で活性化しているc-kitのチロシンキナーゼを阻害することで、同腫瘍に劇的な治療効果をもたらす。小細胞肺癌(SCLC)でもしばしばc-kitチロシンキナーゼ蛋白の異常発現が見られることから、イマチニブはSCLCに対しても治療効果を示すことが期待される。しかし、米国Memorial Sloan-Kettering Cancer CenterのL.M.Krug氏らの検討では、SCLCに対しては、イマチニブのそのような効果は認められなかったという。

 Krug氏らの検討は、再発性SCLCでc-kitチロシンキナーゼの異常発現を示す症例を対象に、単独施設による臨床第2相試験として実施された。同氏らは、1つあるいは2つの化学療法レジメンが奏効しなかった再発性SCLCの患者に同意を得たうえで、免疫組織化学的(CD117ポリクロナル抗体を用いる)にc-kitチロシンキナーゼの異常発現を検査。陽性例を適格例としてイマチニブ400mg×2/日を投与し、投与開始後4週目と、その後は8週ごとにCTスキャンを行い、治療効果を判定した。なお、今回の検討では、Simon two-stage designを用いてサンプルサイズを算定し(P0=0.05、P1=0.20)、第1段階としては12症例を登録した。

 c-kitチロシンキナーゼ異常発現の検査は39サンプルを対象として実施。うち評価不能の3サンプルを除き、28/36サンプル(78%)がc-kit陽性であった。初期登録例12例についての患者背景は、平均年齢59歳、性別は男女6例ずつ、前化学療法歴は1レジメンが8例、2レジメンが4例であった。前治療に対する反応は3カ月以内に進行を来たした無反応例が6例を占めた。放射線照射歴は胸部と頭部が5例ずつだった。

 イマチニブ投与後の反応は、12例全例が無反応であった。進行までの中央値は1カ月で、生存期間の中央値は2カ月であった。投与後の毒性としては、浮腫が9例(grade1、2、3がそれぞれ3、4、2例)見られたほか、血液学的毒性として白血球減少症3例、好中球減少症2例などが見られた。

 Krug氏らの今回の検討によるSCLCにおけるc-kitチロシンキナーゼ陽性率78%という数字は、これまでの報告とほぼ同様である。また、全体の治療成績も、あらかじめc-kitチロシンキナーゼの検出を行わないでイマチニブをSCLCに投与した、これまでの臨床第2相試験の成績と変わらない。

 以上からは、イマチニブはSCLCに対してはGISTに対するような治療効果は期待できないことが示唆される。イマチニブはin vitroでSCLCの多彩な細胞系の増殖を阻止することが報告されている。しかし、c-kitチロシンキナーゼの異常発現が阻止できないのは何故か。その理由として、Krug氏は「SCLCではGISTと異なってc-kit遺伝子そのものには変異が見られないためではないか」と推論している。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:142
  2. NHKさん大丈夫?ベルソムラで糖尿病予防って くめやすはるの「健康番組タメツスガメツ」 FBシェア数:565
  3. 院長を落胆させた「即戦力新人」の仕事ぶり 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:2
  4. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  5. 米国医療に憧れる君へ 愛のハリセン FBシェア数:129
  6. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:69
  7. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:322
  8. その点滴を止めろ! DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:15
  9. 「誇大広告」とはいったい何だったのか? 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:0
  10. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0