2004.06.10

頭・首の切除不可能な限局性進行扁平細胞癌へのネオアジュバント化学療法、従来のシスプラチンと5-FUにドセタキセル併用で死亡リスクが27%減

 頭と首の切除不可能な限局性進行扁平細胞癌に対する、ネオアジュバント化学療法で、従来のシスプラチンと5-フルオラシル(5-FU)に、ドセタキセルを加えた治験第3相で、従来のレジメンに比べて死亡リスクが27%減ることがわかった。2年生存率は、従来レジメンの33%から43%へと、10ポイント増加した。ベルギーEORTCのJ.B.Vermorken氏が、6月8日の一般口演で報告した。

 Vermorken氏らは、被験者358人を2群に分け、放射線治療の前に、一方には従来のレジメンであるシスプラチンと5-FUを(PF)、もう一方には、ドセタキセル(一般名、日本での商品名はタキソテール)を加えた(TPF)レジメンでネオアジュバント化学療法を行った。PFレジメンは、シスプラチン100mg/m2を第1日投与、5-FU1000mg/m2を第1〜5日継続投与、を21日間毎に4回繰り返した。TPFレジメンでは、ドセタキセル75mg/m2とシスプラチン75mg/m2をともに第1日投与、5-FU750mg/m2を第1〜5日継続投与、を21日間毎に、同じく4回繰返した。

 追跡期間の中央値は32カ月だった。その時点で、死亡リスクを比較したところ、TPF群はPF群に比べ27%低かった(ハザード比0.73;95%信頼区間:0.57〜0.94;p=0.016)。また、再発の認められない生存率についても、TPF群がPF群より3割近く上回った(ハザード比0.72;95%信頼区間:0.56〜0.91;p=0.006)。生存期間の中央値は、TPF群が18.6カ月、PF群は14.5カ月だった。

 さらに、治療への反応率も、TPF群が67.8%、PF群が53.6%と、有意な差があった(p=0.007)。その上、治療の副作用もTPF群の方が少なく、重度の吐き気(TPF群0.6%、PF群7.3%)、嘔吐(同0.6%、5.0%)、口内炎(同4.6%、11.2%)、毒性による死(同2.3%、5.5%)だった。
(Andrew Ten Have、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:222
  3. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  4. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:237
  5. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:56
  6. 若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗… 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385
  8. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  9. 「怒鳴る」「注意できない」管理者の結末 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:6
  10. 2016年の梅毒患者は4500人超、最多の東京都… 前年比で大幅増加 FBシェア数:239