2004.06.10

統合失調症治療薬のオランザピン、化学療法による急性・遅延性吐気・嘔吐抑制に著効

 制吐作用があることが知られている統合失調症治療薬のオランザピン(一般名)を加えた制吐薬レジメンに対する第2相臨床試験の結果、シスプラチンを含む化学療法においても、急性・遅延性の吐気・嘔吐(CINV:chemotherapy induced nausea and vomiting)を効果的に抑制することが判明した。6月8日のポスターセッション「患者ケア2」で米Indiana州Notre Dome大学のRudolph Navari氏が報告した。

 Navari氏らの研究グループは、外来で中程度、または高度CINVが出現する化学療法を受けている30人の患者(全員白人)を対象として、第2相臨床試験を実施した。30人中女性が23人で、乳癌(16人)と肺癌(7人)が大半を占める。化学療法は、シスプラチンを含む高度なCINV誘発性のレジメンが10人、ドキソルビシン、イリノテカン、シクロフォスファミドなど中程度のCINV誘発性を持つレジメンが20人だった。

 これらの患者に対して、化学療法の2日前からオランザピンを投与し、投与日以降には5-HT3受容体拮抗薬のグラニセトロン(一般名、日本での商品名はカイトリル)とデキサメタゾンを追加するレジメンを実施した。

 その結果、吐気・嘔吐のエピソードがないCR(Complete Response)の達成率は、化学療法開始後24時間の急性吐気・嘔吐については、高度・中程度CINV誘発性レジメンのいずれでも100%、2〜5日目の遅延性吐気・嘔吐については高度CINV誘発性レジメンで80%、中程度レジメンでは85%と好成績だった。グレード3以上の副作用は見られなかった。

 抗癌剤による急性、遅延性の抑制に用いる第2相臨床試験を実施した結果、レジメンにおいて、吐気・嘔吐が全く発生しないCR(Complete Response)率が急性吐気・嘔吐で100%、遅延性吐気・嘔吐でも80%と極めて優れた成績が得られた。

 本研究はオランザピンの制吐作用についての初の前向き研究であり、高い効果と安全性を示唆する結果が得られている。癌化学療法で患者のQOLと治療意欲を削ぐ最大の要因とされるCINVを抑制する薬剤の選択肢が増えるのは、歓迎すべきことと言えるだろう。

 オランザピンは日本ではジプレキサの名称で2001年6月に精神分裂病(当時)を適用として発売されている。添付文書にも、「本剤には制吐作用があることが知られており、添付文書の重要な注意事項の一つとして、「本剤は制吐作用を有するため、他の薬剤に基づく中毒、腸閉塞、脳腫瘍などによる嘔吐症状を不顕在化することがあるので注意すること」と記述されている。
(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 50歳代男性。咳、痰、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:4
  3. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1
  4. 山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:288
  5. 最も長い名前の呼吸器疾患 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:8
  6. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:11
  7. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:202
  8. 血中トランス脂肪酸高値は日本人でもCVリスク 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:202
  9. 地域医療構想の未来とお座敷遊び「とらとら」と 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:0
  10. ガイドライン外来診療◆貧血 ガイドライン外来診療 FBシェア数:0