2004.06.10

抗癌剤による口内炎と小腸粘膜炎にグルタミンの大量投与が有効

 抗癌剤投与による口内炎や小腸上皮の損傷にグルタミンの大量投与が有効という研究成果を韓国の研究グループが報告した。消化管毒性が強い5-FUを含むレジメンを投与している癌患者に対する無作為化比較試験で、化学療法後、1日30gのグルタミンを15日間経口投与したところ、投与群では高グレードの口内炎が有意に少なかったほか、小腸粘膜の損傷を示す透水性も減少した。6月8日のポスターセッション「患者ケア2」で、ソウルSungkyunkwan(成均館)大学医学部内科のKwon Choi氏が報告した。

 Choi氏らの研究グループは、5-FUを含む4種類のレジメンを投与している転移性進行癌の成人患者51人を無作為割り付けによって2群に分け、投与群には、化学療法開始の少なくとも3日前から、1日30gのグルタミンを15日間経口投与し、対照群bと比較した。

 その結果、対照群ではグレード1の口内炎が34%、グレード2、3の口内炎がそれぞれ17%、グレード4も1例(3%)見られたのに対し、投与群ではグレード1が18%、グレード2、3が5%、グレード4が0%で、投与群の方が症状が軽い傾向が見られた。

 一方、小腸上皮の損傷は、損傷の増悪によって透水性が増大することを利用して計測した。放射性同位体を含む物質(51Cr-EDTA:クロム化エチレンジアミン4酢酸)を経口投与し、蓄尿の放射線量を測定した。その結果、介入群では放射性物質の取り込み量が対照群のほぼ半分と有意に少なく、小腸上皮の損傷が少なくなったことが示唆された。

 Choi氏は「グルタミンは5-FUを含む抗癌剤による消化管粘膜の侵襲に対し保護的に作用したと考えられるが、作用については今後の研究が必要」としていた。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  3. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:710
  5. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:104
  6. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:124
  7. 起立性低血圧は立って1分以内に測定すべき JAMA Internal Med誌から FBシェア数:108
  8. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:156
  9. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:511
  10. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161