2004.06.10

再開された中医協、国民の信頼回復への道は

 6月9日、中央社会保険医療協議会は、全員懇談会と総会を開催した。4月に中医協を舞台とした贈収賄事件が発覚し、下村健容疑者ら4人の委員・前委員が、日本歯科医師会の幹部らとともに逮捕・起訴されて以来、初めての会議だ。全員懇談会には、起訴された委員らを推薦していた健康保険組合連合会、連合、日本歯科医師会の会長が参考人として出席、それぞれお詫びの言葉を述べた。これに対して出席した委員からは、公益側委員の一人がいくつか質問をしたにとどまり、おせじにも活発な議論が行われたとは言えなかった。

 診療報酬の答申を行う中医協について、医療界には単なる儀式の場に過ぎないとみる人もいるだろう。診療報酬全体の増減はともかく、事件のきっかけとなった「かかりつけ歯科医初診料」の算定要件緩和といった個別点数の設定は、厚生労働省と医療関係団体などとの水面下の折衝で事実上決まるといわれているからだ。

 こうした状況であるなら、自分の収入に直接影響する診療側を除き、他の立場の委員が今ひとつやる気になれないのも無理はない。再生への第一歩となるべき今回の全員懇談会での冷めたような雰囲気は、中医協を取り巻く現実の一端が表れた結果なのかもしれない。

 だが、多くの国民は、中医協を重要な会議の場だと思っているはずだ。国民の期待がある以上、今回の贈収賄事件をきっかけに、中医協は診療報酬の決定という本来の役割を発揮できる機関へ脱皮する必要がある。

 とりわけ、会長が全員懇談会の席上、「国民の期待を裏切った」「国民の信頼を回復する」と口にした健保連と連合には、それに尽くす大きな責任があるはずだ。下村容疑者のような官僚OBに頼らず、診療側委員と真っ向からやり合えるような専門家を自前で養成することが不可欠だろう。
(井上俊明、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 50歳代男性。咳、痰、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:4
  3. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1
  4. 山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:288
  5. 最も長い名前の呼吸器疾患 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:8
  6. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:11
  7. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:202
  8. 血中トランス脂肪酸高値は日本人でもCVリスク 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:202
  9. 地域医療構想の未来とお座敷遊び「とらとら」と 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:0
  10. ガイドライン外来診療◆貧血 ガイドライン外来診療 FBシェア数:0