2004.06.10

再開された中医協、国民の信頼回復への道は

 6月9日、中央社会保険医療協議会は、全員懇談会と総会を開催した。4月に中医協を舞台とした贈収賄事件が発覚し、下村健容疑者ら4人の委員・前委員が、日本歯科医師会の幹部らとともに逮捕・起訴されて以来、初めての会議だ。全員懇談会には、起訴された委員らを推薦していた健康保険組合連合会、連合、日本歯科医師会の会長が参考人として出席、それぞれお詫びの言葉を述べた。これに対して出席した委員からは、公益側委員の一人がいくつか質問をしたにとどまり、おせじにも活発な議論が行われたとは言えなかった。

 診療報酬の答申を行う中医協について、医療界には単なる儀式の場に過ぎないとみる人もいるだろう。診療報酬全体の増減はともかく、事件のきっかけとなった「かかりつけ歯科医初診料」の算定要件緩和といった個別点数の設定は、厚生労働省と医療関係団体などとの水面下の折衝で事実上決まるといわれているからだ。

 こうした状況であるなら、自分の収入に直接影響する診療側を除き、他の立場の委員が今ひとつやる気になれないのも無理はない。再生への第一歩となるべき今回の全員懇談会での冷めたような雰囲気は、中医協を取り巻く現実の一端が表れた結果なのかもしれない。

 だが、多くの国民は、中医協を重要な会議の場だと思っているはずだ。国民の期待がある以上、今回の贈収賄事件をきっかけに、中医協は診療報酬の決定という本来の役割を発揮できる機関へ脱皮する必要がある。

 とりわけ、会長が全員懇談会の席上、「国民の期待を裏切った」「国民の信頼を回復する」と口にした健保連と連合には、それに尽くす大きな責任があるはずだ。下村容疑者のような官僚OBに頼らず、診療側委員と真っ向からやり合えるような専門家を自前で養成することが不可欠だろう。
(井上俊明、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:188
  2. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:147
  3. インフルエンザ流行入り、A香港型が中心 寄稿◎2016/17シーズンのインフルエンザ診療の要点 FBシェア数:67
  4. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:158
  5. 心不全による下肢浮腫に悩む87歳女性への対応 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」 FBシェア数:31
  6. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:660
  7. ピコ太郎はどこまで世界に通用しているのか? 安部正敏の「肌と皮膚の隅で」 FBシェア数:1
  8. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:93
  9. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:381
  10. 「スマホ老眼」を放置すると近視になる! 記者の眼 FBシェア数:97