2004.06.09

閉経後乳癌患者へのエクセメステイン投与、骨量減少への影響は少

 閉経後乳癌患者に対し、ステロイド系アロマターゼ阻害薬のエクセメステイン(一般名)を投与した場合、その副作用としての骨量減少への影響は、小さいことがわかった。また、骨折率も、エクセメステイン投与によって増加しなかった。同じアロマターゼ阻害薬でも非ステロイド系のものは、骨量減少リスクを増大することが知られているため、この結果は朗報である。6月6日の一般口演で、ノルウェイBergen大学のPer E. Lφnning氏が報告した。

 同研究グループは、閉経後の初期乳癌患者で、乳癌摘出術と放射線療法を行った147人を無作為に2群に分け、一方にはエクセメステイン25mgを毎日、もう一方にはプラセボを、2年間投与した。なお、被験者の乳癌は初期であったため、アジュバント化学療法の適応ではなかった。

 1年間追跡した後に年間骨量減少率を比較したところ、脊椎では、エクセメスタイン群が2.17%減ったのに対し、プラセボ群は1.87%と有意差がなかった。股関節部では、エクセスタメン群が2.72%でプラセボ群が1.48%と、有意差があったものの、その格差は小さかった。また、試験開始時とその2年後の骨密度Tスコアの差について、両群を比べたところ、エクセスタメン群の方が腰部脊椎では0.09、大腿頚部では0.10、プラセボ群よりも減少幅が大きかった。この大腿頚部の骨密度Tスコア0.10の減少は、生涯の骨折リスクに換算すると、相対リスク15%程度の増加になるという。

 骨折は、エクセメスタイン群で4人、プラセボ群で5人と、その割合に有意差はなかった。さらに、両群ともに、試験開始時点で骨密度が正常だった人で、試験期間中に骨粗しょう症になった人はいなかったとしている。

 Lφnning氏は、「この研究結果は、医師とエクセメスタインを服用する閉経後の女性にとって、安心材料になるだろう」としている。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:72
  2. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療 FBシェア数:597
  3. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:439
  4. 知っているようで知らない「かぜ」を科学する かぜ診療での“困った”に答えます FBシェア数:138
  5. 「一度入れた人工呼吸器は外せない」は誤解 インタビュー◎医療の有益性より患者の意思を尊重すべし FBシェア数:369
  6. 『君たちはどう生きるか』と救急受け入れ拒否 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:74
  7. 67歳男性。心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  8. 「医院に接遇はいらない」と反発した職員の真意 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:246
  9. 脳卒中で逝った大奥の支配者 天璋院篤姫 病と歴史への招待 FBシェア数:1
  10. 130/80mmHg超えたら高血圧?患者数急増へ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《1》 FBシェア数:91
医師と医学研究者におすすめの英文校正