2004.06.09

精上皮腫摘出後のカルボプラチン投与 3年後再発のない生存率は放射線と同等、対側精巣癌発症リスクを下げる可能性も

 ステージ1精上皮腫の治療では、通常、腫瘍のある側の精巣を摘出後、アジュバント放射線療法を行うが、これによって10〜20年後に他臓器の癌発症リスクを増加することが知られている。今回、放射線療法の代わりにカルボプラチン(一般名)による化学療法を行うことで、3年後再発のない生存率は放射線療法と同等だとする研究結果が発表された。またこの研究結果では、対側精巣の胚細胞腫瘍リスクを低下する可能性も示した。これは、6月7日に英St. Bartholomews HospitalのR. Timothy Oliver氏が、一般口演で報告したもの。

 同研究グループは、ステージ1精上皮腫の患者1477人を無作為に2群に分け、腫瘍のある精巣摘出後に、573人にはカルボプラチンを1回投与し、904人には放射線療法を行った。

 3年後に再発のない生存率について比較したところ、カルボプラチン群では94.8%、放射線群では95.9%と、両群で差はなかった。また2年後の同率は、カルボプラチン群が97.7%で放射線群が96.7%と、同じく差はなかった。

 さらに、残っている対側精巣に胚細胞腫瘍が発症したのは、カルボプラチン群で2人、放射線群では10人と、有意差はないものの、カルボプラチン投与によって同発症リスクを低下する可能性を示した。なお、追跡期間の中央値は4年だった。

 カルボプラチン群ではまた、治療の副作用による、無気力や吐き気、働くことができない、といった症状の期間が、放射線群に比べて有意に短かったとしている。

 Oliver氏は、カルボプラチンによるアジュバント化学療法が、対側精巣癌リスクのある人にとって、精巣を温存するための治療法として使える可能性があるとしている。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  2. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  4. 腰椎手術後に低酸素脳症、麻酔医らの過失認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:431
  6. なくならないアカハラ、学外機関設置で予防を 記者の眼 FBシェア数:28
  7. これからは早期からの在宅ケアの時代? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:72
  8. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:132
  9. オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思い… 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:45
  10. 逆流性食道炎のリスク因子に男女差あり 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2