2004.06.09

精上皮腫摘出後のカルボプラチン投与 3年後再発のない生存率は放射線と同等、対側精巣癌発症リスクを下げる可能性も

 ステージ1精上皮腫の治療では、通常、腫瘍のある側の精巣を摘出後、アジュバント放射線療法を行うが、これによって10〜20年後に他臓器の癌発症リスクを増加することが知られている。今回、放射線療法の代わりにカルボプラチン(一般名)による化学療法を行うことで、3年後再発のない生存率は放射線療法と同等だとする研究結果が発表された。またこの研究結果では、対側精巣の胚細胞腫瘍リスクを低下する可能性も示した。これは、6月7日に英St. Bartholomews HospitalのR. Timothy Oliver氏が、一般口演で報告したもの。

 同研究グループは、ステージ1精上皮腫の患者1477人を無作為に2群に分け、腫瘍のある精巣摘出後に、573人にはカルボプラチンを1回投与し、904人には放射線療法を行った。

 3年後に再発のない生存率について比較したところ、カルボプラチン群では94.8%、放射線群では95.9%と、両群で差はなかった。また2年後の同率は、カルボプラチン群が97.7%で放射線群が96.7%と、同じく差はなかった。

 さらに、残っている対側精巣に胚細胞腫瘍が発症したのは、カルボプラチン群で2人、放射線群では10人と、有意差はないものの、カルボプラチン投与によって同発症リスクを低下する可能性を示した。なお、追跡期間の中央値は4年だった。

 カルボプラチン群ではまた、治療の副作用による、無気力や吐き気、働くことができない、といった症状の期間が、放射線群に比べて有意に短かったとしている。

 Oliver氏は、カルボプラチンによるアジュバント化学療法が、対側精巣癌リスクのある人にとって、精巣を温存するための治療法として使える可能性があるとしている。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:162
  2. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:147
  3. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:25
  4. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:1
  5. 2040年、医療機関と医師の動きはこう変わる 特集◎「2040年問題」で日本の医療はここまで変わる《5》 FBシェア数:111
  6. 胸背部痛、呼吸苦で救急を受診した60歳代女性 カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  7. 「ビットコイン」の技術は医療にも トレンド◎ブロックチェーンを電子カルテなどの情報基盤に活用 FBシェア数:40
  8. 胸部や腹部のCT検査が腎切除術を増やす JAMA Intern Med誌から FBシェア数:41
  9. 穏やかな在宅死を望んでいたのに警察沙汰に 医師が知らない介護の話 FBシェア数:27
  10. 「女性医師余り」は進んでいく Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:85
医師と医学研究者におすすめの英文校正