2004.06.09

精上皮腫摘出後のカルボプラチン投与 3年後再発のない生存率は放射線と同等、対側精巣癌発症リスクを下げる可能性も

 ステージ1精上皮腫の治療では、通常、腫瘍のある側の精巣を摘出後、アジュバント放射線療法を行うが、これによって10〜20年後に他臓器の癌発症リスクを増加することが知られている。今回、放射線療法の代わりにカルボプラチン(一般名)による化学療法を行うことで、3年後再発のない生存率は放射線療法と同等だとする研究結果が発表された。またこの研究結果では、対側精巣の胚細胞腫瘍リスクを低下する可能性も示した。これは、6月7日に英St. Bartholomews HospitalのR. Timothy Oliver氏が、一般口演で報告したもの。

 同研究グループは、ステージ1精上皮腫の患者1477人を無作為に2群に分け、腫瘍のある精巣摘出後に、573人にはカルボプラチンを1回投与し、904人には放射線療法を行った。

 3年後に再発のない生存率について比較したところ、カルボプラチン群では94.8%、放射線群では95.9%と、両群で差はなかった。また2年後の同率は、カルボプラチン群が97.7%で放射線群が96.7%と、同じく差はなかった。

 さらに、残っている対側精巣に胚細胞腫瘍が発症したのは、カルボプラチン群で2人、放射線群では10人と、有意差はないものの、カルボプラチン投与によって同発症リスクを低下する可能性を示した。なお、追跡期間の中央値は4年だった。

 カルボプラチン群ではまた、治療の副作用による、無気力や吐き気、働くことができない、といった症状の期間が、放射線群に比べて有意に短かったとしている。

 Oliver氏は、カルボプラチンによるアジュバント化学療法が、対側精巣癌リスクのある人にとって、精巣を温存するための治療法として使える可能性があるとしている。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 50歳代男性。咳、痰、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:4
  3. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1
  4. 山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:288
  5. 最も長い名前の呼吸器疾患 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:8
  6. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:11
  7. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:202
  8. 血中トランス脂肪酸高値は日本人でもCVリスク 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:202
  9. 地域医療構想の未来とお座敷遊び「とらとら」と 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:0
  10. ガイドライン外来診療◆貧血 ガイドライン外来診療 FBシェア数:0