2004.06.09

腫瘍サイズ、漿膜浸潤、MIB-1ラベリング係数が胃の消化管間質腫瘍の再発リスク予測に有用

 消化管間質腫瘍(GIST)患者のリスクは、腫瘍サイズと有糸分裂回数(mitotic count)の2つから評価できると報告されている(Proc ASCO 22:818, 2003)。しかし、このリスク評価のクライテリア(以下REと略)は、腫瘍の活動性に注目したものであり、再発リスクの予測にはそれほど向いていないと考えられる。そこで、三浦市立病院の長晴彦氏らは、神奈川県立がんセンターにおける胃GIST41症例を対象に臨床病理学的な解析を行い、独自にリスク評価のクライテリアについて検討した。その結果、腫瘍サイズ、漿膜浸潤、MIB-1ラベリング係数の3つが、再発リスクおよび生存率の評価により有用であることが認められたという。

 対象の41例のうち39例は根治的切除術例で、残りの2例は同時転移が見られたための姑息的手術例である。中央値で42カ月間フォローアップし、各種臨床病理学的パラメータと再発との関連について解析を加えた。

 フォローアップ期間中、41例中の10例で再発が見られた。各種臨床病理学的パラメータと再発との関連の単変量解析の結果では、腫瘍サイズ≧10cm、漿膜浸潤陽性、MIB-1ラベリング係数≧10%の3つが再発の有意(p<0.001)なリスク因子であることが示された。この3つの因子のどれかに該当した場合を高リスク群として再発を予測した場合の感度と特異度は、それぞれ100%と77%だった。一方、REのクライテリア(高リスク群:腫瘍サイズ>5cmかつ有糸分裂回数>5/50HPF、腫瘍サイズ>10cm、有糸分裂回数>10/50HPFのいずれか)で再発を予測した場合の感度と特異度はそれぞれ90%と48%だった。また、長氏らの新規クライテリアにおける高リスク群の予測5年生存率は54%で、これはREのクライテリアにおける高リスク群の予測5年生存率より有意(p<0.001)に低かった。

 長氏は「REは再発予測における特異度が低いことから、たとえば根治的手術例に対する補助療法としてイマチニブを投与すべきかどうかなどの判断には向いていない。その点、われわれの考える新規クライテリアは、胃GISTの再発および生存率の双方を予測するうえでより有用であろう」と結論付けた。


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 32歳男性。全手指の爪症状 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:225
  3. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:150
  4. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:117
  5. いつから、何を使って、どれくらい勉強する? 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:76
  6. 「おちんちんが小さいのでは?」と聞かれたら 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:78
  7. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:65
  8. 刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないで 院内暴力・セクハラSOS FBシェア数:140
  9. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:252
  10. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:91
医師と医学研究者におすすめの英文校正