2004.06.08

初期非小細胞肺癌に対するパクリタキセル+カルボプラチンの術後補助療法で死亡リスクの4割減を実現

 T2N0M0(腫瘍径3cm以上、リンパ節転移、遠隔転移ともになし)のステージ1B非小細胞肺癌の術後補助療法に対する初の無作為化比較試験で、パクリタキセル+カルボプラチン投与群は非投与群に対して、4年生存率が71%対59%と有意に向上、観察期間中の肺癌死亡に限れば、19人対34人とほぼ半減した。6月6日に行われた一般口演「肺癌1」セッションで、ビノレルビン+シスプラチン投与についてのカナダAlberta大学の発表に引き続き、米Brown大学医学部のGary Strauss氏が報告した。本報告も最新の臨床試験結果を報告するレイトブレーキングアブストラクトに掲載されている。

 Strauss氏らの研究グループは、ステージ1(転移なし)の非小細胞肺癌で腫瘍径が3cm以上(T2N0M0)の高リスク患者の術後補助療法について、無作為化比較試験(RCT)を試みた。344人を2群に無作為割り付けし、投与群にはパクリタキセル(200mg/m2)とカルボプラチン(AUC=6mg/ml分)(いずれも一般名)を3週間1サイクルの第1日目に投与し、4サイクルを実施した。試験は1996年9月に開始し、2003年11月に安全監視委員会の勧告によって中止された。

 この結果、試験期間中の全死亡は投与群の173人中36人(21%)に対して非投与群は171人中52人で投与群が有意に少なく、非投与群に対して投与群の死亡リスクは38%低かった。4年生存率は71%対59%で投与群が優れていた。再発と死亡の合計は54人(31%)対72人(42%)で投与群が好成績だった。4年目の非再発生存率は61%対50%で投与群に良好な結果が得られた。

 グレード3以上の重篤な副作用としては、白血球減少(36%)、高血糖(14%)が多かった。期間中の肺癌の死亡について見ると、投与群では19人(11%)だったのに対して非投与群では34人(20%)で投与群は有意に少なく、死亡リスクは51%とほぼ半分に過ぎなかった。肺癌以外の死亡については、9.8%対10.5%で有意差は見られなかった。

 本研究はステージ1の術後補助療法についての初のRCTであり、投与群における好成績が得られたことから、Strauss氏らは、「4サイクルのパクリタキセル+カルボプラチン投与はエビデンスベースの治療オプションと言ってよいだろう」と結論付けた。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:457
  2. 抗菌薬関連下痢症の再発を防ぐ抗体医薬が登場 トレンド◎C. difficile産生トキシンBを捕捉して腸傷害を回避 FBシェア数:8
  3. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  4. 比較読影はなぜ重要なのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  5. 心筋梗塞の25%は胸痛なしと知ってはいたが… 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:21
  6. 成長期のアスリートに多いスポーツ貧血って? あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:47
  7. 「雪かきして、だるい」も危険なサイン Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:3
  8. インフルエンザ脳症で1歳児が死亡、今シーズン初め… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:189
  9. 「入院難民」「在宅難民」が深刻な社会問題に 特集◎「2040年問題」で日本の医療はここまで変わる《3》 FBシェア数:121
  10. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:7
医師と医学研究者におすすめの英文校正