2004.06.08

ホルモン不応性前立腺癌へのドセタキセル投与、生存期間が2カ月延長し死亡リスクは2割減

 進行性ホルモン不応性前立腺癌に対するドセタキセル(一般名、商品名はタキソテール)投与についての治験第3相で、生存期間を2カ月延長し、死亡リスクを20%引き下げる効果があるという結果が出た。これは、米Southwest Oncology Group(SWOG)による研究結果で、6月7日のプレナリーセッションで、米New York Presbyterian HospitalのDaniel P. Petrylak氏が報告した。ホルモン不応性前立腺癌への化学療法が、生存率を改善することを示した研究結果は、今回の米国臨床癌学会で発表された米Johns Hopkins大学のMario A. Eisenberger氏らの結果に並んで初めて。

 SWOGは、進行性ホルモン不応性前立腺癌の患者770人を無作為に2群に分け、一方にはドセタキセルとエストラムスチンを、もう一方にはメトキサントロンとプレドニゾンを投与した。ドセタキセル群のレジメンは、ドセタキセル60mg/m2の毎3週間投与と、エストラムスチン280mgの1日3回5日間投与。メトキサントロン群のレジメンは、メトキサントロン12mg/m2の毎3週間投与とプレドニゾン5mgの1日2回毎日の投与だった。それぞれ3週間サイクルを、最大12回、またはメトキサントロン投与量の累計が144mg/m2になるまで繰り返した。

 その結果、メトキサントロン群の生存期間の中央値は16カ月だったのに対し、ドセタキセル群の生存期間の中央値は18カ月と、2カ月の差がみられた。また、ドセタキセル群の死亡リスクは、メトキサントロン群に比べ、20%低下した(ハザード比0.80;95%信頼区間0.67〜0.97;p=0.01)。

 また、病気が進行するまでの期間の中央値についても、メトキサントロン群が3カ月だったのに対し、ドセタキセル群は6カ月と長かった。

 一方、重い副作用の発症率については、メトキサントロン群が34%だったのに対し、ドセタキセル群は54%と高く、主に胃腸と心血管に関する副作用の率が高かった。副作用による死亡は、メトキサトロン群が4人でドセタキセル群は7人だったが、有意差はなかった。

 SWOGはこの結果を受けて、ドセタキセルによる化学療法はホルモン不応性前立腺癌の第一選択治療法になるべきだとしている。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:128
  2. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  3. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 意外と難しい運動誘発性喘息の診断 あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:35
  5. 卵アレルギーは「微量のゆで卵」で防ぐ リポート◎学会が提言、アトピー乳児は早期から卵摂取を FBシェア数:136
  6. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  7. 外国人診療で増えつつある「母国の親戚」問題 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:27
  8. 鳥インフルエンザ(H7N9)のヒト化が進む 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《4》 FBシェア数:6
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:1
  10. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:466