2004.06.08

非転移性前立腺癌へのGnRH作用薬によるホルモン療法で骨折リスクが約4割増大

 非転移性前立腺癌に対するゴナドロピン放出ホルモン(GnRH)作用薬によるホルモン療法では、骨折リスクが約4割増大するようだ。6月5日の一般口演で、米Massachusetts General HospitalのMatthew R. Smith氏が報告した。

 同研究グループは、1991〜2001年までのメディケア(米国の高齢者向け公的医療保険)のデータの中から、非転移性前立腺癌の人で、92〜94年に新たにGnRH作用薬による治療を始めた、3887人を抽出した。また対照群として、非転移性前立腺癌でGnRH作用薬による治療を行わなかった7774人を、年齢や人種などに合わせて無作為に抽出した。

 両グループについて、1994〜2001年の骨折の発症率について調べたところ、対照群では56%だったのに対し、GnRH群では83%にも上り、GnRH群の骨折リスクは対照群に比べ、1.4倍になることがわかった(ハザード比1.4;95%信頼区間:1.16〜1.70;p<0.001)。

 また、骨折リスクの増大はGnRH作用薬の投与期間が長いほど著しく、投与期間が3年超の人は、1年未満の人に比べ、同リスクが1.5倍になることがわかった(ハザード比1.5;95%信頼区間:1.17〜1.93;p<0.001)。

 Smith氏は、前立腺癌の患者に対してGnRH作用薬を投与する際には、ビスホスホネートを合わせて投与するか、骨密度を定期的に測定するといった、骨折の予防策が必要だ、と結論付けた。

 なお、米国では年間50万人以上の前立腺癌の男性が、GnRH作用薬を服用しているという。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:177
  2. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:539
  3. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:319
  4. 1日で299人、悪夢のような銃創ラッシュ 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:112
  5. 「ネットは仕事に悪影響」と電カル未導入の病院 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:65
  6. 往診に行ったら仏壇をチェック!? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:152
  7. 意外と知らない看取りの手順 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:67
  8. 第7次医療計画の作成指針案が了承 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:2
  9. インフルエンザ、推計患者が100万人に迫る インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:228
  10. ニボルマブは進行胃癌の3次治療として有効【ASC… 日経メディカルOncologyニュース FBシェア数:31