2004.06.08

非転移性前立腺癌へのGnRH作用薬によるホルモン療法で骨折リスクが約4割増大

 非転移性前立腺癌に対するゴナドロピン放出ホルモン(GnRH)作用薬によるホルモン療法では、骨折リスクが約4割増大するようだ。6月5日の一般口演で、米Massachusetts General HospitalのMatthew R. Smith氏が報告した。

 同研究グループは、1991〜2001年までのメディケア(米国の高齢者向け公的医療保険)のデータの中から、非転移性前立腺癌の人で、92〜94年に新たにGnRH作用薬による治療を始めた、3887人を抽出した。また対照群として、非転移性前立腺癌でGnRH作用薬による治療を行わなかった7774人を、年齢や人種などに合わせて無作為に抽出した。

 両グループについて、1994〜2001年の骨折の発症率について調べたところ、対照群では56%だったのに対し、GnRH群では83%にも上り、GnRH群の骨折リスクは対照群に比べ、1.4倍になることがわかった(ハザード比1.4;95%信頼区間:1.16〜1.70;p<0.001)。

 また、骨折リスクの増大はGnRH作用薬の投与期間が長いほど著しく、投与期間が3年超の人は、1年未満の人に比べ、同リスクが1.5倍になることがわかった(ハザード比1.5;95%信頼区間:1.17〜1.93;p<0.001)。

 Smith氏は、前立腺癌の患者に対してGnRH作用薬を投与する際には、ビスホスホネートを合わせて投与するか、骨密度を定期的に測定するといった、骨折の予防策が必要だ、と結論付けた。

 なお、米国では年間50万人以上の前立腺癌の男性が、GnRH作用薬を服用しているという。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:737
  3. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:13
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  5. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:57
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  7. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:106
  8. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:513
  9. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161
  10. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:130