2004.06.07

【再掲】オクトレオチド月1回の筋注で化学療法による下痢を抑制

 オクトレオチド皮下注射による下痢抑制作用はすでに知られているが、徐放性製剤ならば月に一度の注射で化学療法による重篤な下痢を減少でき、従来の薬剤よりも患者満足度は高い。6月7日のポスターセッションで発表されたSTOP(Sandostatin LAR Depot Trial for the Optimum Prevention of Chemotherapy Induced Diarrhea)試験の結果である。同試験グループのS. Rosenoff氏が報告した。

 STOP試験は全米43施設において、化学療法による下痢に対するオクトレオチド徐放性製剤30mgと40mg筋肉内注射の有用性を検討したものだ。対象は「化学療法によるGrade1〜4の下痢の既往を持ち現在化学療法を受けている」、または「現在化学療法を受け下痢を経験している」147例。72例がオクトレオチド30mg群、75例が40mg群に無作為化された。いずれの群も、試験開始7〜14日後までに初回投与を受け、その後は28日(±5日)間隔で5回の投与を受けた。

 施行されている化学療法は両群とも、「5-FU+高用量ロイコボリン」が最も多く、次いで「イリノテカン+5-FU+ロイコボリン」だった。オクトレオチド30mg群、40mg群ともに投与前に比べGrade3以上の下痢は減少したが、両群間に差は無かった。また「下痢による医療機関受診」と「補液」も投与前に比べ減少し、この点に関しては40mg群の減少率が大きい傾向を示した。

 興味深いのは「治療満足度」で、「下痢減少に効果的・非常に効果的」と答えたのは30mg群の50%以上、40mgの50%弱だった。一方、STOP試験前に投与されていたロペラミド、ディフェノキシレートを「効果的・非常に効果的」と評価したのは、それぞれ16%と24%でしかなかった。

 STOP試験には対照群が設定されていなかったが、現在NCCTG(North Central Cancer Treatment Group)とRTOG(Radiation Therapy Oncology Group)によるプラセボ対照試験が進行中であり、「それらの結果から化学療法よる下痢に対するオクトレオチド徐放性製剤の有用性が明らかになるだろう」とS. Rosenoff氏は期待を寄せていた。

■ 訂正 ■
 目次を「皮下注」としましたが「筋注」に改めました。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  3. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:710
  5. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:104
  6. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:124
  7. 起立性低血圧は立って1分以内に測定すべき JAMA Internal Med誌から FBシェア数:108
  8. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:156
  9. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:511
  10. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161