2004.06.07

スタチン服用で大腸癌の発症リスクが半減、イスラエルの調査で判明

 スタチンはまさしく万能薬の様相を呈してきた。イスラエルの大腸癌患者と対照群約4000人に対する症例対照研究の結果、スタチン服用者は服用していない者に比べ、大腸癌の発症リスクが51%低いことが米Michigan大学のStephen Gruber氏らの研究で明らかになった。発表に先立って行われた6月6日の記者会見で同氏が概要を報告したもの。

 研究はイスラエル内で1998〜2004年にかけて実施された。病理学的に大腸癌と診断された症例群1849人と、性、年齢、人種を一致させた対照群1959人に対し、スタチン服用の有無を比較した。その結果、症例群ではスタチン服用者が5.8%だったのに対し、対照群では11.3%と対照群が有意に多く、オッズ比は0.49でスタチン服用者の大腸癌発症リスクは半減することが判明した。ただし、Gluber氏は、「観察研究であり、スタチンを大腸癌予防薬として推奨するエビデンスにはならない」としている。

 本研究の詳細は6月7日午後のプレナリーセッションで報告される。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. エリートサラリーマンが子どもに私立医学部を勧める… 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:28
  2. 主訴「僕、麻疹かもしれない」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:88
  3. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:121
  4. 「オギノ式」を生んだ荻野久作夫妻の絆 病と歴史への招待 FBシェア数:3
  5. OSA患者のCPAP使用は性生活の質を改善する JAMA Otolaryngol Head Neck Surg誌から FBシェア数:10
  6. 探してます。自然な理由を 病院珍百景 FBシェア数:15
  7. 高齢者の結核に要注意、フレイルは治療のリスク 学会トピック◎第60回日本老年医学会学術集会 FBシェア数:39
  8. 麻疹で困っている、知りたい、気になることは? ソーシャルネットワークでAMRに挑む FBシェア数:13
  9. ムコイド型耐性肺炎球菌に新たな耐性菌が 学会トピック◎第92回日本感染症学会・第66回日本化学療法学会 FBシェア数:20
  10. どうして今さら訪問看護!? ぐるぐる訪問看護 FBシェア数:42
医師と医学研究者におすすめの英文校正