2004.06.06

【再掲】C型肝炎ウイルス(HCV)の遺伝子解析でHCV関連肝癌の発生リスクを予測

 C型肝炎ウイルス(HCV)感染が肝臓癌の発生リスクを高めることが知られているが、個々の患者のHCV遺伝子を解析することにより、将来の肝癌の発生リスクを予測できることが臨床研究のメタアナリシスで明らかになった。東京大学先端科学技術研究センター助教授の森口尚史氏が、6月5日のポスターセッションで発表した。

 森口氏らは、Medlineデータベースから抽出した、難治性とされる遺伝子型HCV-1b症例におけるHCV遺伝子の特定領域PKR-binding domain(PKR-bd;NS5A2209-2274)内の変異数と肝癌発生との関係を調べた海外の研究と日本の施設でのHCV-1b症例データを統合解析した(総対象患者207人)。

 その結果、肝癌発生率は、PKR-bd内のアミノ酸に変異がない患者(wild型)では23.1%にとどまったのに対し、1〜3のアミノ酸が変異している患者(intermediate型)では32.8%、さらに4つ以上のアミノ酸に変異がある患者(mutant型)では56.5%と、PKR-bd内のアミノ酸変異数が多い患者ほど肝癌発生リスクが高いことが分かった(mutant対wild,p=0.004;mutant対intermediate,p=0.002)。

 これまでの個々の研究では、肝癌の発生リスクとHCV遺伝子型との関係は明確ではなかった。このメタアナリシスにより、個々のC型肝炎患者のHCVの遺伝子を解析することで将来の肝癌発生リスクを予測できることが明らかになった。「同じNS5A領域2209-2248に4つ以上のアミノ酸変異がある患者では、インターフェロン(IFN)に基づく治療が奏効することも分かっている(奏効率;61.8%〜100%)。従って、今後、PKR-bdに変異のあるHCV感染者を積極的にスクリーニングし、IFNに基づく治療を行い肝癌発生の予防を図ることを考慮すべきではないか」と森口氏は指摘した。(大滝隆行、日経メディカル


■ 訂正 ■
 2段落目に「PKR-bindingdomain」とあるのは「PKR-binding domain」に、また「関連施設」とあるのは「日本の施設」に、それぞれ訂正します。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48