2004.06.06

【再掲】C型肝炎ウイルス(HCV)の遺伝子解析でHCV関連肝癌の発生リスクを予測

 C型肝炎ウイルス(HCV)感染が肝臓癌の発生リスクを高めることが知られているが、個々の患者のHCV遺伝子を解析することにより、将来の肝癌の発生リスクを予測できることが臨床研究のメタアナリシスで明らかになった。東京大学先端科学技術研究センター助教授の森口尚史氏が、6月5日のポスターセッションで発表した。

 森口氏らは、Medlineデータベースから抽出した、難治性とされる遺伝子型HCV-1b症例におけるHCV遺伝子の特定領域PKR-binding domain(PKR-bd;NS5A2209-2274)内の変異数と肝癌発生との関係を調べた海外の研究と日本の施設でのHCV-1b症例データを統合解析した(総対象患者207人)。

 その結果、肝癌発生率は、PKR-bd内のアミノ酸に変異がない患者(wild型)では23.1%にとどまったのに対し、1〜3のアミノ酸が変異している患者(intermediate型)では32.8%、さらに4つ以上のアミノ酸に変異がある患者(mutant型)では56.5%と、PKR-bd内のアミノ酸変異数が多い患者ほど肝癌発生リスクが高いことが分かった(mutant対wild,p=0.004;mutant対intermediate,p=0.002)。

 これまでの個々の研究では、肝癌の発生リスクとHCV遺伝子型との関係は明確ではなかった。このメタアナリシスにより、個々のC型肝炎患者のHCVの遺伝子を解析することで将来の肝癌発生リスクを予測できることが明らかになった。「同じNS5A領域2209-2248に4つ以上のアミノ酸変異がある患者では、インターフェロン(IFN)に基づく治療が奏効することも分かっている(奏効率;61.8%〜100%)。従って、今後、PKR-bdに変異のあるHCV感染者を積極的にスクリーニングし、IFNに基づく治療を行い肝癌発生の予防を図ることを考慮すべきではないか」と森口氏は指摘した。(大滝隆行、日経メディカル


■ 訂正 ■
 2段落目に「PKR-bindingdomain」とあるのは「PKR-binding domain」に、また「関連施設」とあるのは「日本の施設」に、それぞれ訂正します。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘 FBシェア数:1279
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:178
  3. JTに異例の反論を出した国がんが抱く危機感 Cadetto通信 FBシェア数:121
  4. 開業4年目の私が医院経営の勉強会を作ったわけ 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:45
  5. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:232
  6. 国主導で『抗菌薬適正使用の手引き』作成へ 政府の薬剤耐性対策アクションプランが始動 FBシェア数:19
  7. 真面目ちゃんが燃え尽きるとき 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:193
  9. 医師にも多い? 過敏性腸症候群(IBS)型便秘 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:344
  10. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0