2004.06.06

【再掲】C型肝炎ウイルス(HCV)の遺伝子解析でHCV関連肝癌の発生リスクを予測

 C型肝炎ウイルス(HCV)感染が肝臓癌の発生リスクを高めることが知られているが、個々の患者のHCV遺伝子を解析することにより、将来の肝癌の発生リスクを予測できることが臨床研究のメタアナリシスで明らかになった。東京大学先端科学技術研究センター助教授の森口尚史氏が、6月5日のポスターセッションで発表した。

 森口氏らは、Medlineデータベースから抽出した、難治性とされる遺伝子型HCV-1b症例におけるHCV遺伝子の特定領域PKR-binding domain(PKR-bd;NS5A2209-2274)内の変異数と肝癌発生との関係を調べた海外の研究と日本の施設でのHCV-1b症例データを統合解析した(総対象患者207人)。

 その結果、肝癌発生率は、PKR-bd内のアミノ酸に変異がない患者(wild型)では23.1%にとどまったのに対し、1〜3のアミノ酸が変異している患者(intermediate型)では32.8%、さらに4つ以上のアミノ酸に変異がある患者(mutant型)では56.5%と、PKR-bd内のアミノ酸変異数が多い患者ほど肝癌発生リスクが高いことが分かった(mutant対wild,p=0.004;mutant対intermediate,p=0.002)。

 これまでの個々の研究では、肝癌の発生リスクとHCV遺伝子型との関係は明確ではなかった。このメタアナリシスにより、個々のC型肝炎患者のHCVの遺伝子を解析することで将来の肝癌発生リスクを予測できることが明らかになった。「同じNS5A領域2209-2248に4つ以上のアミノ酸変異がある患者では、インターフェロン(IFN)に基づく治療が奏効することも分かっている(奏効率;61.8%〜100%)。従って、今後、PKR-bdに変異のあるHCV感染者を積極的にスクリーニングし、IFNに基づく治療を行い肝癌発生の予防を図ることを考慮すべきではないか」と森口氏は指摘した。(大滝隆行、日経メディカル


■ 訂正 ■
 2段落目に「PKR-bindingdomain」とあるのは「PKR-binding domain」に、また「関連施設」とあるのは「日本の施設」に、それぞれ訂正します。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:651
  2. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:191
  3. 70歳代男性。便潜血反応陽性 日経メディクイズ●内視鏡 FBシェア数:1
  4. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:175
  5. 75歳女性。構音障害、左共同偏視 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  6. 57歳男性。両下腿から足背の浮腫と紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  7. 高齢糖尿病のコントロール指標はHbA1cだけでは… 学会トピック〇第59回日本老年医学会/第30回日本老年学会 FBシェア数:289
  8. 広がる中学生のピロリ検診・除菌 ニュース追跡◎エビデンス乏しく副作用の懸念も FBシェア数:549
  9. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:227
  10. 酸素療法で飛んで行ったメガネ 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:103