2004.06.06

経口抗癌剤(UFT)による乳癌術後補助療法が標準治療(CMF)と同等の効果

 腋窩リンパ節転移陽性の乳癌術後患者(ステージ1,2,3A)を対象に、フッ化ピリミジン系経口抗癌剤(UFT)による補助療法と標準的補助療法(CMF;シクロホスファミド、メトトレキセート、5-FU)とを比較した日本での多施設ランダム化比較試験(RCT)の結果が、6月5日のポスターセッションで発表された。

 エンドポイントである無再発生存率、総生存率に関して、両群に有意差は見いだされず、UFTによる乳癌術後補助療法が標準的補助療法と同等の予後改善効果をもたらすことが明らかになった。UFT群での食欲不振や吐き気、脱毛などの有害事象はCMF群に比べて有意に少なかった。これまで日本では、予後に関するエビデンスが乏しいにもかかわらず、フッ化ピリミジン系経口抗癌剤が術後化学療法として多用されている実態が批判されていた。この結果を発表した大阪府立成人病センター外科の稲治英生氏は、「経口抗癌剤を使うことに関してはうしろめたい気持ちがあったが、最近、肺癌術後患者でも経口抗癌剤の有用性で認められており、今回の結果で、経口抗癌剤による術後補助療法の位置付けが見直されるだろう」と語った。

 このRCTでは、腋窩リンパ節転移陽性の乳癌術後患者(ステージ1,2,3A)350人を、シクロホスファミド、メトトレキセート、フルオロウラシル(5-FU)による化学療法にタモキシフェンを加えた群(173例)と、フッ化ピリミジン系経口抗癌剤(UFT)による化学療法にタモキシフェンを加えた群(177例)にランダムに分け、3年間以上追跡した。

 その結果、第1次エンドポイントである3年無再発生存率はCMF群とUFT群とで有意差が見られなかった(82.4%対81.8%、p=0.92)。第2次エンドポイントの3年総生存率も、CMF群93.9%、UFT群93.3%と同等で、生存曲線は試験開始直後から両群が重なる格好で推移した。有害事象は、白血球減少や肝機能異常が両群で30%以上みられたが、白血球減少(82.7%対33.3%)、貧血(31.8%対7.3%)、食欲不振(49.7%対22.6%)、悪心・嘔吐(62.4%対22.6%)、脱毛(39.3対2.3%)に関してはUFT群で有意に少なかった。
(大滝隆行、日経メディカル

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:294
  2. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:13
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:257
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:4
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:39
  8. 安定狭心症へのPCI、症状改善に有意差認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:0
  9. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  10. インフルエンザウイルスの抗原変異は予測可能 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《Interview》 FBシェア数:3