2004.06.06

経口抗癌剤(UFT)による乳癌術後補助療法が標準治療(CMF)と同等の効果

 腋窩リンパ節転移陽性の乳癌術後患者(ステージ1,2,3A)を対象に、フッ化ピリミジン系経口抗癌剤(UFT)による補助療法と標準的補助療法(CMF;シクロホスファミド、メトトレキセート、5-FU)とを比較した日本での多施設ランダム化比較試験(RCT)の結果が、6月5日のポスターセッションで発表された。

 エンドポイントである無再発生存率、総生存率に関して、両群に有意差は見いだされず、UFTによる乳癌術後補助療法が標準的補助療法と同等の予後改善効果をもたらすことが明らかになった。UFT群での食欲不振や吐き気、脱毛などの有害事象はCMF群に比べて有意に少なかった。これまで日本では、予後に関するエビデンスが乏しいにもかかわらず、フッ化ピリミジン系経口抗癌剤が術後化学療法として多用されている実態が批判されていた。この結果を発表した大阪府立成人病センター外科の稲治英生氏は、「経口抗癌剤を使うことに関してはうしろめたい気持ちがあったが、最近、肺癌術後患者でも経口抗癌剤の有用性で認められており、今回の結果で、経口抗癌剤による術後補助療法の位置付けが見直されるだろう」と語った。

 このRCTでは、腋窩リンパ節転移陽性の乳癌術後患者(ステージ1,2,3A)350人を、シクロホスファミド、メトトレキセート、フルオロウラシル(5-FU)による化学療法にタモキシフェンを加えた群(173例)と、フッ化ピリミジン系経口抗癌剤(UFT)による化学療法にタモキシフェンを加えた群(177例)にランダムに分け、3年間以上追跡した。

 その結果、第1次エンドポイントである3年無再発生存率はCMF群とUFT群とで有意差が見られなかった(82.4%対81.8%、p=0.92)。第2次エンドポイントの3年総生存率も、CMF群93.9%、UFT群93.3%と同等で、生存曲線は試験開始直後から両群が重なる格好で推移した。有害事象は、白血球減少や肝機能異常が両群で30%以上みられたが、白血球減少(82.7%対33.3%)、貧血(31.8%対7.3%)、食欲不振(49.7%対22.6%)、悪心・嘔吐(62.4%対22.6%)、脱毛(39.3対2.3%)に関してはUFT群で有意に少なかった。
(大滝隆行、日経メディカル

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:39
  2. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:143
  3. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:175
  4. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:147
  5. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:212
  6. 50歳男性、夜中の意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. 食べられない高齢者にはこう介入する Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:174
  8. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:55
  9. プライマリ・ケア連合学会が成人までカバーしたワク… 学会トピック◎第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:107
  10. 身体障害を克服して信玄に仕えた 山本勘助 病と歴史への招待 FBシェア数:1
医師と医学研究者におすすめの英文校正