2004.06.06

非小細胞肺癌の骨転移は見逃されている可能性

 非小細胞肺癌(NSCLC)における早期の骨転移が見逃されている可能性がある。Royal Melbourne Hospital(オーストラリア)のLouis Irving氏は、6月5日のポスターセッションで文献的考察からこのように警告した。

 Irving氏は、肺癌骨転移の多くが臨床評価では見逃されているとしている。肺癌症例(各stageにまたがったNSCLC、SCLCの663例を対象)における骨転移発見率を骨シンチグラフィーで検討した試験をメタ解析した結果では、骨シンチグラフィーで発見された骨転移に対する臨床評価の感度は0.87、特異度は0.67であり、また、骨シンチグラフィーにより20%に骨転移が認められるとされている。

 しかし、NSCLC患者においてFDG-PETを用いて評価すると、Buryらの報告では、骨シンチグラフィーによる骨転移検出精度が0.66に対しFDG-PETは0.96、Hsiaの報告では同様に0.61に対し0.93と、骨転移の検出にはFDG-PETがより正確性に優れると報告した。

 そこでNSCLC(Stage 1〜3)167例に対しFDG-PETを行ったMacManusらの成績を見ると、Stage3NSCLCでは6%に骨転移が認められていた。ただしこの検討では胸部上腹部以外は造影しておらず、肺癌骨転移の好発部位である脊髄、骨盤、頭蓋への転移を見逃している可能性もある。

 これらの結果からIrving氏は「肺癌骨転移は末期肺癌で発見されること多いが、肺癌と診断された時点で始まっている可能性もある」と推測した上で、「骨転移の予防が予後改善に有用であるならば、無症候性骨転移の検出は重要である」と結論付けた。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  2. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:298
  3. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:6
  5. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:337
  6. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1396
  7. 特発性喀血症、知っていますか? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:72
  8. 投与量調節の必要がない帯状疱疹治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:317
  9. 日医も警戒する「新型多機能サービス」の正体 記者の眼 FBシェア数:18
  10. 自身の認知症予防のために取り組んでいること 医師1000人に聞きました FBシェア数:4