2004.06.06

非小細胞肺癌の骨転移は見逃されている可能性

 非小細胞肺癌(NSCLC)における早期の骨転移が見逃されている可能性がある。Royal Melbourne Hospital(オーストラリア)のLouis Irving氏は、6月5日のポスターセッションで文献的考察からこのように警告した。

 Irving氏は、肺癌骨転移の多くが臨床評価では見逃されているとしている。肺癌症例(各stageにまたがったNSCLC、SCLCの663例を対象)における骨転移発見率を骨シンチグラフィーで検討した試験をメタ解析した結果では、骨シンチグラフィーで発見された骨転移に対する臨床評価の感度は0.87、特異度は0.67であり、また、骨シンチグラフィーにより20%に骨転移が認められるとされている。

 しかし、NSCLC患者においてFDG-PETを用いて評価すると、Buryらの報告では、骨シンチグラフィーによる骨転移検出精度が0.66に対しFDG-PETは0.96、Hsiaの報告では同様に0.61に対し0.93と、骨転移の検出にはFDG-PETがより正確性に優れると報告した。

 そこでNSCLC(Stage 1〜3)167例に対しFDG-PETを行ったMacManusらの成績を見ると、Stage3NSCLCでは6%に骨転移が認められていた。ただしこの検討では胸部上腹部以外は造影しておらず、肺癌骨転移の好発部位である脊髄、骨盤、頭蓋への転移を見逃している可能性もある。

 これらの結果からIrving氏は「肺癌骨転移は末期肺癌で発見されること多いが、肺癌と診断された時点で始まっている可能性もある」と推測した上で、「骨転移の予防が予後改善に有用であるならば、無症候性骨転移の検出は重要である」と結論付けた。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:585
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:480
  3. 原発性アルドステロン症の重症例を見逃すな トレンド◎診断のボトルネックを解消する新たな基準が決定 FBシェア数:200
  4. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:185
  5. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:459
  6. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  7. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:34
  8. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:211
  10. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:22