2004.06.06

進行期低悪性度非ホジキンリンパ腫 化学療法後のリツキシマブ投与で進行を遅らせる効果

 低悪性度非ホジキンリンパ腫のステージ3と4の患者に対し、化学療法を行った後のリツキシマブ(商品名:リツキサン)による維持療法についての第3相試験で、病気の進行を遅らせる効果があるとする研究結果が出た。6月5日の一般口演で、米New York大学のHoward S. Hochster氏らの研究グループ、Eastern Cooperative Oncology Groupが報告したもの。

 同研究グループは、ステージ3と4の濾胞性または小リンパ球性非ホジキンリンパ腫の患者に対し、標準的なレジメンであるCVP(シクロホスファミド、ビンクリスチン、プレドニゾン)化学療法を行った。なお、被験者はそれ以前に非ホジキンリンパ腫に対する治療を受けたことはなかった。

 その後、被験者を無作為に2群に分け、一方のグループに対してのみ、リツキシマブ375mg/m2を、6カ月毎に4回、2年間に渡り投与した。その結果、化学療法を終えて2年後の時点で、病気の進行が認められなかった人の割合は、リツキシマブを投与しなかった対照群(149人)では42%だったのに対し、リツキシマブ群(154人)では74%と大幅に上回った。さらに4年後で見てみると、同割合は対照群で34%、リツキシマブ群では58%だった。なお、被験者のリンパ腫の型や化学療法後に残った腫瘍の量、化学療法前の腫瘍の量にかかわらず、同様な差が見られたという。

 なお今回の研究では、CVP化学療法後のリツキシマブの維持療法による、生存率の改善はみられなかった。この点についてHochster氏は、進行の遅い非ホジキンリンパ腫を対象としているため、さらに5年ほど長く患者を追跡することが、生存率の改善を見極めるためには必要なのかもしれない、としている。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 職員が2グループに分裂、退職相次ぐ事態に 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:40
  2. 83歳男性。両下肢の脱力 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 保険者の突合点検で発覚した検査料の誤請求 あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:46
  4. 慈恵医大、画像診断所見放置で新たに2人死亡 画像診断報告書の確認漏れが相次ぐ FBシェア数:192
  5. “根室の奇跡” 耐性肺炎球菌を減らせた秘策 事例研究◎抗菌薬を適切に使えば必ず地域社会を変えられる FBシェア数:245
  6. 怒りのピーク「7秒間」を制する極意 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:24
  7. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:14
  8. ハーボニーが使えないC型肝炎患者はどうなる? 記者の眼 FBシェア数:0
  9. やる気のある職員が定着しない…打開策は? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:116
  10. 「What can I help you wit… 実践!医療英語「このフレーズ、英語で何と言う?」 FBシェア数:1