2004.06.06

リツキシマブを加えた化学療法 60歳未満の低リスクびまん性B大細胞非ホジキンリンパ腫の2年生存率が95%に

 60歳以下の低リスクびまん性B大細胞非ホジキンリンパ腫(DLBCL)の患者に対し、従来の化学療法レジメンに加え、リツキシマブ(商品名:リツキサン)を投与することで、約2年後の生存率が10%改善し、95%に達することを示す研究結果が出た。これは、ドイツSaarland大学のMichael G.M.Pfreudschuh氏らが行ったリツキシマブの治験第3相の結果で、6月5日、ニューオリンズで行われている米国臨床癌学会(ASCO)で発表された。これまでに、リツキシマブが60歳超のDLBCL患者の生存率を上げることを示す研究結果はあったが、60歳未満低リスク患者に対しても生存率を上げることを示す結果は初めて。

 この研究は、ドイツや英国など18カ国で、18〜60歳の低リスクDLBCLで未治療の患者824人に対して行った。研究グループは、被験者を無作為に2群に分け、一方には従来の化学療法レジメンである多剤併用CHOPに似たレジメン(シクロホスファミド、ビンクリスチン、プレドニゾン、ドキソルビシン、エトポシド)を投与し、もう一方にはそれに加えてリツキシマブ375mg/m2をそれぞれ6回投与した。追跡期間の中央値は24カ月だった。

 その結果、追跡期間が終わった時点で生存率を比較したところ、対照群は85%(326人中278人)だったのに対し、リツキシマブ群は95%(326人中310人)に上った。また、病気の進行、治療への不完全な反応、再発や死亡のいずれもが認められなかった人の割合は、対照群で58%だったのに対し、リツキシマブ群では81%と大幅に上まった。また、治療に対する完全寛解率も、対照群が65%なのに対し、リツキシマブ群では85%と高かった。

 DLBCLは中悪性度リンパ腫。またリツキシマブはモノクロナール抗体で、B細胞中にあるCD20抗原に結合する作用がある。Saarland大学のPfreudschuh氏は、「多剤併用CHOPに似たレジメンにリツキシマブを加えたレジメンは、おそらく、低リスクDLBCL患者に対する標準的な治療法として広く受け入れられるだろう」と指摘している。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:120
  2. 10歳男児。頭痛、嘔吐、けいれん 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  3. このままだと働き方はどんどんブラックになるよ? 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:52
  4. 原因不明の慢性痛、その原因は医師の思考停止 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:41
  5. 日中で異なる高血圧基準値変更へのスタンス 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:17
  6. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:26
  7. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:20
  8. 覚醒下心臓手術は新たな選択肢となり得るか? リポート◎日本初、局所麻酔下での心臓弁手術が成功 FBシェア数:353
  9. ルーチンの読影手順 正常構造をまず確認 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:34
  10. 70歳代男性。検診の胸部X線 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正