2004.06.06

リツキシマブを加えた化学療法 60歳未満の低リスクびまん性B大細胞非ホジキンリンパ腫の2年生存率が95%に

 60歳以下の低リスクびまん性B大細胞非ホジキンリンパ腫(DLBCL)の患者に対し、従来の化学療法レジメンに加え、リツキシマブ(商品名:リツキサン)を投与することで、約2年後の生存率が10%改善し、95%に達することを示す研究結果が出た。これは、ドイツSaarland大学のMichael G.M.Pfreudschuh氏らが行ったリツキシマブの治験第3相の結果で、6月5日、ニューオリンズで行われている米国臨床癌学会(ASCO)で発表された。これまでに、リツキシマブが60歳超のDLBCL患者の生存率を上げることを示す研究結果はあったが、60歳未満低リスク患者に対しても生存率を上げることを示す結果は初めて。

 この研究は、ドイツや英国など18カ国で、18〜60歳の低リスクDLBCLで未治療の患者824人に対して行った。研究グループは、被験者を無作為に2群に分け、一方には従来の化学療法レジメンである多剤併用CHOPに似たレジメン(シクロホスファミド、ビンクリスチン、プレドニゾン、ドキソルビシン、エトポシド)を投与し、もう一方にはそれに加えてリツキシマブ375mg/m2をそれぞれ6回投与した。追跡期間の中央値は24カ月だった。

 その結果、追跡期間が終わった時点で生存率を比較したところ、対照群は85%(326人中278人)だったのに対し、リツキシマブ群は95%(326人中310人)に上った。また、病気の進行、治療への不完全な反応、再発や死亡のいずれもが認められなかった人の割合は、対照群で58%だったのに対し、リツキシマブ群では81%と大幅に上まった。また、治療に対する完全寛解率も、対照群が65%なのに対し、リツキシマブ群では85%と高かった。

 DLBCLは中悪性度リンパ腫。またリツキシマブはモノクロナール抗体で、B細胞中にあるCD20抗原に結合する作用がある。Saarland大学のPfreudschuh氏は、「多剤併用CHOPに似たレジメンにリツキシマブを加えたレジメンは、おそらく、低リスクDLBCL患者に対する標準的な治療法として広く受け入れられるだろう」と指摘している。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:23
  2. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  3. 牛乳アレルギーの急速経口免疫療法で低酸素脳症 神奈川県立こども医療センターが事例報告 FBシェア数:165
  4. 抗認知症薬の使用・選択の5つの考え方 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:78
  5. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:176
  6. 「早期診断が重要」って本当にできるの? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:9
  7. 昭和大学病院の「働き方改革」は成功するか シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:399
  8. いま書いてるの、もしかして「偽」の診断書? 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:39
  9. 「モルヒネだけは飲みたくない」への対応法 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:19
  10. 人生の最期は「眠って過ごしたい」と言われたら Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:182