2004.05.31

2004年診療報酬改定の影響度 診療所の3割が「減収」と予測

 今年4月実施の診療報酬改定の結果、約3割の診療所が減収を見込んでいることが、日経ヘルスケア21の「e定点観測」調査で明らかになった。調査は、同誌の調査に定期的に協力している130の診療所を対象に、この5月に実施したもの。103の診療所開業医から回答を得た(有効回答率79.2%)。回答者の平均年齢は46.6歳で、標榜している主な診療科目は内科53.4%、整形外科7.8%、外科6.8%など。

 診療報酬改定の影響度については、「増収になりそう」と回答したのはわずか4.9%。「ほぼ横ばい」が64.1%と多数を占め、「減収になりそう」と回答した診療所も30.1%を数えた。このため、2004年(2004年度)の医業収支を予測してもらった質問では、2003年(2003年度)に比べて「悪化すると思う」と回答した診療所が、やはり30%を超える結果となっている。

 この調査では、2003年(2003年度)の医業収支が、2002年(2002年度)より悪化の傾向にあることも明らかになっているが、今回の診療報酬改定でこうした状況に拍車がかかることになりそうだ。

 なお、調査結果は、日経ヘルスケア21の6月号「e定点観測」に掲載される。(井上俊明、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:129
  2. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:57
  3. NCDで変わり始めた外科手術 リポート◎登録開始から5年、800万を超える外科症例データが集積 FBシェア数:35
  4. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:282
  5. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急
  6. 地域枠義務放棄の医師採用は研修補助金を減額 臨床研修病院はマッチング時に「地域枠医師」かどうかの確認を FBシェア数:221
  7. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚
  8. 国主導の『抗微生物薬適正使用の手引き』公表へ 厚生科学審議会感染症部会で了承 FBシェア数:87
  9. 13歳女児。繰り返す嘔吐 日経メディクイズ●小児
  10. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1