2004.05.28

【日本医科器械学会速報】 耐用期間に関するユーザー調査 日常点検の実施状況明らかに、除細動器は40%台、電気メスは50%台

 耐用期間に関するユーザー調査によると、日常点検の実施状況が、除細動器で40%台、電気メスでも50%台などという意外な実態が明らかになった。日本医科器械学会で27日、北里大学の渡辺敏氏(写真)が発表した。

 調査は、厚生科学研究である「医療機器の耐用期間設定評価手法に関する研究」(主任研究者;小野哲章氏)の一環として行われた。手術部門やICU・CCU部門、放射線部門、内視鏡部門など8部門を対象に、3から5機種の医療機器(計28機種)について、機器の管理状況、耐用期間に対する意見などを調査した。対象は640病院の合計5120部門で、229病院から回答を得ている。

 調査では日常点検の実施状況も明らかにしているが、使用前後に点検しているかどうかを尋ねたところ、除細動器が平均40%台という「意外な結果」(渡辺氏)となった。電気メスは50%台、IABPも50%台だった。輸液ポンプは60%台、電子内視鏡やMRI、麻酔器や人工心肺装置、軟性ファイバースコープなどは70%台だった。人工呼吸器や硬性内視鏡は80%台と高かった。

 定期点検の実施状況では、硬性内視鏡と無影灯が20%台、手術台や超音波洗浄機、パルオキシメーターが30%台だった。一方、血液透析器やガス滅菌器、プラズマ滅菌器や人工心肺装置、電子内視鏡は70%台、高圧蒸気滅菌器と人工呼吸器は80%台、X線CTとMRIは90%台だった。

 調査ではこのほか、現在使用している機器で、購入後年数も尋ねているが、5〜9年と幅があり、機種によっては古い機器が使用されている実態も浮かび上がっている。また、日常点検や定期点検では、すべての施設が実施しているわけでなく、また実施している施設でも100%的確に行われているとは言いがたい状況も明らかになった。

 こうした結果を受けて渡辺氏は、「医療機器の管理状況が施設によって異なることがわかった。今後、個々の機器について耐用期間が設定されることになっているが、機器の管理方法の標準化とその周知徹底が必要となる」と強調した。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1707
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:198
  3. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:14
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:113
  6. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  7. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:110
  9. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:53
  10. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:175