2004.05.19

【編集委員の目】 痛み分けの高脂血症薬競争、厚生労働省が漁夫の利?

 製薬メーカーの2003年度決算発表がほぼ終わった。今回の注目点の一つは、メバロチン(三共)とリポバス(万有製薬)の特許切れにより、昨年夏に後発品が一斉に発売されたスタチン系高脂血症用剤の売り上げだ。その1年前にやはり後発品が一斉発売された消化性潰瘍用剤ガスター(山之内製薬)の特許切れによる先発品・後発品(ジェネリック)メーカーのせめぎ合いを第1幕とすれば、今回は第2幕にあたる。

 今回の決算で大手後発品メーカーの沢井製薬は、メバロチン・リポバスの後発品の売り上げが貢献、循環器用薬の販売高(連結)が2002年度に比べて46.5%伸びた。しかし、当初計画したほどではなかったという。同じく東和薬品も、全体の売上高・営業利益はまずまずの伸びだったものの、「大型新製品として期待の大きかったスタチン系2製品は、先発メーカーの強力な防御にあい、計画した売り上げ確保は困難だった」としている。

 先発品メーカーはどうか。三共の2003年度メバロチン国内売上高は1018億円。2002年度に比べて89億円減少した。後発品の一斉発売の影響は決して小さくなかったと見るのが自然だろう(万有製薬は非上場会社のため決算未公表)。

 このようにメーカー同士の戦いは、どちらに軍配が上がったとも言いづらい状況だ。となると、真の勝者は厚生労働省だと見ていいのかもしれない。2004年4月の薬価改定で、メバロチンの後発品は東和・沢井ともに約22%、リポバスの後発品は東和が約18%、沢井に至っては約28%も引き下げられたからだ(いずれも5mgの錠剤)。先発品の薬価も、メバロチン・リポバスともに10%超引き下げられている(同)。

 後発品が発売されて各社が新市場開拓と既存市場確保にしのぎを削れば、当然その薬の市場価格は低下し薬価も引き下げられる。今年、来年も売上高の大きい先発品のジェネリックが相次ぎ発売されると見られるが、結局高笑いするのは医療費削減を目指す厚生労働省だけなのだろうか。
(井上俊明、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 32歳男性。全手指の爪症状 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:225
  3. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:150
  4. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:117
  5. いつから、何を使って、どれくらい勉強する? 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:76
  6. 「おちんちんが小さいのでは?」と聞かれたら 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:78
  7. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:65
  8. 刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないで 院内暴力・セクハラSOS FBシェア数:140
  9. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:252
  10. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:91
医師と医学研究者におすすめの英文校正