2004.05.19

【編集委員の目】 痛み分けの高脂血症薬競争、厚生労働省が漁夫の利?

 製薬メーカーの2003年度決算発表がほぼ終わった。今回の注目点の一つは、メバロチン(三共)とリポバス(万有製薬)の特許切れにより、昨年夏に後発品が一斉に発売されたスタチン系高脂血症用剤の売り上げだ。その1年前にやはり後発品が一斉発売された消化性潰瘍用剤ガスター(山之内製薬)の特許切れによる先発品・後発品(ジェネリック)メーカーのせめぎ合いを第1幕とすれば、今回は第2幕にあたる。

 今回の決算で大手後発品メーカーの沢井製薬は、メバロチン・リポバスの後発品の売り上げが貢献、循環器用薬の販売高(連結)が2002年度に比べて46.5%伸びた。しかし、当初計画したほどではなかったという。同じく東和薬品も、全体の売上高・営業利益はまずまずの伸びだったものの、「大型新製品として期待の大きかったスタチン系2製品は、先発メーカーの強力な防御にあい、計画した売り上げ確保は困難だった」としている。

 先発品メーカーはどうか。三共の2003年度メバロチン国内売上高は1018億円。2002年度に比べて89億円減少した。後発品の一斉発売の影響は決して小さくなかったと見るのが自然だろう(万有製薬は非上場会社のため決算未公表)。

 このようにメーカー同士の戦いは、どちらに軍配が上がったとも言いづらい状況だ。となると、真の勝者は厚生労働省だと見ていいのかもしれない。2004年4月の薬価改定で、メバロチンの後発品は東和・沢井ともに約22%、リポバスの後発品は東和が約18%、沢井に至っては約28%も引き下げられたからだ(いずれも5mgの錠剤)。先発品の薬価も、メバロチン・リポバスともに10%超引き下げられている(同)。

 後発品が発売されて各社が新市場開拓と既存市場確保にしのぎを削れば、当然その薬の市場価格は低下し薬価も引き下げられる。今年、来年も売上高の大きい先発品のジェネリックが相次ぎ発売されると見られるが、結局高笑いするのは医療費削減を目指す厚生労働省だけなのだろうか。
(井上俊明、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:142
  2. NHKさん大丈夫?ベルソムラで糖尿病予防って くめやすはるの「健康番組タメツスガメツ」 FBシェア数:565
  3. 院長を落胆させた「即戦力新人」の仕事ぶり 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:2
  4. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  5. 米国医療に憧れる君へ 愛のハリセン FBシェア数:129
  6. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:69
  7. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:322
  8. その点滴を止めろ! DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:15
  9. 「誇大広告」とはいったい何だったのか? 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:0
  10. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0