2004.05.19

【糖尿病学会速報】 沖縄男性の平均寿命低下はまだ進む? 検診受診者の内臓肥満6割、高血圧5割と高率

 沖縄県は長寿というイメージは残念ながら過去のものだ。都道府県別の平均寿命の順位を見ると、女性は他県を引き離して1位だが、男性は26位に甘んじている。米国型食生活による肥満などが原因とされ、県当局の危機感も強い。本学会では、人間ドックを受診した中高年男性の実に3人に一人がメタボリックシンドローム(MS)に該当するというショッキングな結果が報告された。5月14日午後のポスターセッション「疫学1」で、沖縄県豊見城(とみぐすく)市の豊見城中央病院糖尿病・生活習慣病センターの島袋毅氏が明らかにした。

 島袋氏らの研究グループでは、2003年5月から10月までの間に、同院人間ドックを受診し、希望により空腹時血糖の検査を受けた30〜69歳の3440人(うち男性1920人)を対象とした調査を実施した。

 対象者について、米国高脂血症ガイドラインNCEP ATPIIIに基づいて、以下のうち3項目以上を満たす場合をMSに分類した。内臓肥満(男性は腹囲85cm以上、女性が90cm以上)、高中性脂肪血症(150mg/dl以上)、高血圧(130/85mmHg以上)、低HDL-C血症(男性で40mg/dl未満、女性で50mg/dl未満)、耐糖能以上(空腹時血糖が110mg以上)。

 その結果、男性では、内臓肥満が59.2%(女性では18.1%)と極めて高率だったほか、高血圧も48.4%、高TG血症が39.2%などと、高い比率だった。この結果、MSの定義該当者は、女性では11.4%に過ぎなかったのに対し、男性では31.6%とほぼ3人に一人にのぼった。

 日本人男性におけるMSの頻度を調査した研究としては、北海道端野町、壮瞥町の地域住民を対象とした「端野・壮瞥研究」で、同じNCEP ATPIIIの基準で23.4%という結果が得られている。その結果に比べれば、沖縄男性のMS有病率はかなり高いと言ってよさそうだ。

 発表者の島袋氏は、「人間ドック受診者は健康意識が高いはずなので、一般住民検診ではMSの定義該当者がさらに多い可能性もある」という。沖縄県も、健康日本21に対応して推進している健康増進活動「健康おきなわ2010」で、「沖縄県の長寿を支えているのは高齢者であり、若い世代では長寿が危ぶまれている」と指摘、危機感をあらわにしている。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 人事で形勢不利でも転職しなかった医師の覚悟 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:1
  2. 専門医から見て絶対NGな糖尿病診療とは シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:161
  3. 先輩たちが新人を退職に追い込んだ意外な理由 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:134
  4. 70歳男性。左下腹部痛、血便 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  5. 飲酒時に緊急呼び出し、診療しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:18
  6. 「金がないから検査はしたくない」への応え方 シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:167
  7. 「記者の眼」も取り上げていた健診項目の怪 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:20
  8. 51歳男性。左下腿の潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. さよならNEJM、そしてさよならFDA 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:6
  10. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:43