2004.05.19

【糖尿病学会速報】 沖縄男性の平均寿命低下はまだ進む? 検診受診者の内臓肥満6割、高血圧5割と高率

 沖縄県は長寿というイメージは残念ながら過去のものだ。都道府県別の平均寿命の順位を見ると、女性は他県を引き離して1位だが、男性は26位に甘んじている。米国型食生活による肥満などが原因とされ、県当局の危機感も強い。本学会では、人間ドックを受診した中高年男性の実に3人に一人がメタボリックシンドローム(MS)に該当するというショッキングな結果が報告された。5月14日午後のポスターセッション「疫学1」で、沖縄県豊見城(とみぐすく)市の豊見城中央病院糖尿病・生活習慣病センターの島袋毅氏が明らかにした。

 島袋氏らの研究グループでは、2003年5月から10月までの間に、同院人間ドックを受診し、希望により空腹時血糖の検査を受けた30〜69歳の3440人(うち男性1920人)を対象とした調査を実施した。

 対象者について、米国高脂血症ガイドラインNCEP ATPIIIに基づいて、以下のうち3項目以上を満たす場合をMSに分類した。内臓肥満(男性は腹囲85cm以上、女性が90cm以上)、高中性脂肪血症(150mg/dl以上)、高血圧(130/85mmHg以上)、低HDL-C血症(男性で40mg/dl未満、女性で50mg/dl未満)、耐糖能以上(空腹時血糖が110mg以上)。

 その結果、男性では、内臓肥満が59.2%(女性では18.1%)と極めて高率だったほか、高血圧も48.4%、高TG血症が39.2%などと、高い比率だった。この結果、MSの定義該当者は、女性では11.4%に過ぎなかったのに対し、男性では31.6%とほぼ3人に一人にのぼった。

 日本人男性におけるMSの頻度を調査した研究としては、北海道端野町、壮瞥町の地域住民を対象とした「端野・壮瞥研究」で、同じNCEP ATPIIIの基準で23.4%という結果が得られている。その結果に比べれば、沖縄男性のMS有病率はかなり高いと言ってよさそうだ。

 発表者の島袋氏は、「人間ドック受診者は健康意識が高いはずなので、一般住民検診ではMSの定義該当者がさらに多い可能性もある」という。沖縄県も、健康日本21に対応して推進している健康増進活動「健康おきなわ2010」で、「沖縄県の長寿を支えているのは高齢者であり、若い世代では長寿が危ぶまれている」と指摘、危機感をあらわにしている。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:142
  2. NHKさん大丈夫?ベルソムラで糖尿病予防って くめやすはるの「健康番組タメツスガメツ」 FBシェア数:565
  3. 院長を落胆させた「即戦力新人」の仕事ぶり 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:2
  4. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  5. 米国医療に憧れる君へ 愛のハリセン FBシェア数:129
  6. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:69
  7. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:322
  8. その点滴を止めろ! DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:15
  9. 「誇大広告」とはいったい何だったのか? 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:0
  10. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0