2004.05.14

【糖尿病学会速報】 第47回日本糖尿病学会、東京国際フォーラムなどで開催

 5月13日から15日までの3日間、東京国際フォーラムを主会場に第47回日本糖尿病学会年次学術集会が開催されている。今期大会のメインテーマは、「糖尿病根治の時代への扉を開く」。参加者数は主催者見通しで約8000人、東京国際フォーラムでは手狭な印象だ。

 特別講演としては、米Chicago大学のGraeme Bell氏による「2型糖尿病の遺伝因子」、英Cambridge大学のJohn Todd氏による「1型糖尿病の遺伝、分子機構、予防」、東京大学の浅島誠氏による「構造と機能からみた器官形成と形づくり」の3題が設けられた。

 会長講演では、今期大会長で東京女子医科大学糖尿病センター長の岩本安彦氏が、「糖尿病センターにおける臨床と研究」と題し、東京女子医科大学糖尿病センターの30年間の実績を通して日本の糖尿病治療・研究の経緯と最新動向を紹介した。

 このほか、特別講演などとしてプレナリーレクチャー3題、学会賞受賞講演3題、シンポジウムが計12テーマ68題、ワークショップが6テーマ36題、アジアセッション、教育講演14題などが設けられた。一般演題は約1400題で、うち約730題がポスター発表となっている。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:342
  2. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:461
  3. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1073
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:69
  5. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:103
  6. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:9
  7. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:85
  8. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:475
  9. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:40
  10. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:7