2004.05.11

キッセイと武田、速効型インスリン分泌促進薬「グルファスト」を発売

 キッセイ薬品工業と武田薬品工業は5月11日、キッセイ薬品が創製した速効型インスリン分泌促進薬「グルファスト錠」(一般名:ミチグリニドカルシウム水和物)を発売した。国内ではキッセイ薬品が製造し、同社と武田薬品が1ブランド2チャネルで共同販売を行う。

 グルファストはグリニド系のインスリン分泌促進薬で速やかに効果が発現し、速やかに消失する。毎食直前に投与することでインスリン分泌パターンを正常型に近づけ、食後血糖推移を改善するため、2型糖尿病患者において、空腹時血糖値やHbA1c値が改善できる。副作用発現率は20.9%で、主な副作用は低血糖症状、腹部膨満、便秘、下痢、空腹感などの消化器症状や頭痛などだという。

 グルファストは、「グルファスト錠5mg」「グルファスト錠10mg」の2品目。薬価は5mg錠が34.0円、10mg錠が60.50円。2型糖尿病における食後血糖推移の改善(食餌療法、運動療法を行っている患者で十分な効果が得られない場合に限る)を効能・効果とする。通常、成人では1回10mgを1日3回毎食直前(5分以内)に投与する。

 キッセイ薬品、武田薬品のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 矛盾抱えた「患者申出療養」はどこへ行く? リポート◎治験でも先進医療でもない第3の混合診療 FBシェア数:34
  2. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:3
  3. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:133
  4. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  5. どうやって個人型確定拠出年金で節税するの? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:3
  6. 急性肺塞栓除外のための新臨床ルールの提案 Lancet誌から FBシェア数:241
  7. 北大病院がインドの病院と国際協定を結んだワケ リポート◎脳神経外科を中心に技術交流をスタート FBシェア数:47
  8. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:611
  9. オーナーが倒産寸前! 危ない物件の見分け方 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  10. 70歳代男性。便潜血反応陽性 日経メディクイズ●内視鏡 FBシェア数:0