2004.05.11

冠動脈疾患患者への脂質低下剤投与が2型糖尿病を予防

 冠動脈疾患のある人に対し、脂質低下剤であるbezafibrateを投与することで、2型糖尿病の発症リスクが約30%減らし、発症する時期を約0.8年遅らせる効果があることがわかった。冠動脈疾患患者の脂質代謝を改善することが、2型糖尿病のリスク低下につながることを示す研究結果は、これが初めてという。これは、イスラエルCardiac Rehabilitation InstituteのAlexander Tenenbaum氏らの研究で明らかになったもの。米国心臓病協会(AHA)のCirculation誌5月18日号での発表に先駆け、5月3日からインターネット上で公表している。

 Bezafibratは低比重リポ蛋白(LDL)値とトリグリセリド値を下げ、高比重リポ蛋白(HDL)値を上げる効果があるという。Tenenbaum氏らは、冠動脈疾患患者303人を2群に分け、その156人にbezafibrat400mgを、残りの147人にはプラセボを、それぞれ1日1回投与し、平均6.2年追跡した。被験者の年齢は42〜74歳、空腹時血糖値は110〜125mg/dlだった。なお、スタチン系薬剤を服用している人はなく、またアンジオテンシン変換酵素(ACE)を服用する人は少なかったとしている。

 その結果、投与群の2型糖尿病を発症するリスクは、プラセボ群の0.70(95%信頼区間:0.49〜0.99)倍だった。また、2型糖尿病を発症するまでの平均期間は、投与群が4.6年だったのに対し、プラセボ群は3.8年だった。追跡期間中、新たに2型糖尿病の診断を受けたのは、投与群で66人(42.3%)、プラセボ群で80人(54.4%)だった。

 詳しくは、Circulation誌のアブストラクトまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:171
  2. CT読影は臓器の連続性を意識する! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:64
  3. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:5
  4. 「医師の言動でPTSD」認めず病院側が逆転勝訴 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1059
  6. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:496
  7. 気づけば増えた血糖降下薬、どう減らす? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:143
  8. その欲望は、本当に君自身のもの? 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:12
  9. かんしゃくを起こす子にはジャンケンが有効 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:110
  10. Q.抗菌縫合糸の使用はSSI発生率を下げる? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(1) FBシェア数:127