2004.05.06

設計・建設から融資まで開業を幅広く支援 リコーリースの「ドクターサポート」

 リコーリース(東京都中央区)が昨年4月から始めた診療所の新規開業向け融資「ドクターサポートローン」が、新しいタイプの商品として注目を集めている。この商品は、融資審査の際に、従来の銀行融資のように不動産担保だけに依存しない点が特徴だ。審査で重視するのは、経営者となる医師のキャリアや技術力、開業地における事業収益性、開業後のキャッシュフローなど。これらが十分に見込めれば、担保不足であっても融資を実sする。ケースによっては、無担保でも融資に応じることもあるという。

 融資限度額は1億5000万円、金利は年3.375〜5.375%、返済期間は最長15年。すでに40件の融資実績がある。

 また、ドクターサポートには、融資以外にも多様なサービスが用意されている。もともとの“本業”である医療機器などのリースのほか、診療所の立地の選定や土地の取得、建物の設計・建築についてのコンサルテーションや業者の斡旋なども手がける。開業の際に必要なサービスをワンストップで提供する点が大きな特徴だ。

 同社では、今後、年5000件程度のペースで診療所の新規開業が推移すると予測しており、「数年後には年間開業数の5%のシェアに当たる年間250件程度の開業を支援できるように商品の充実・強化を図っていきたい」(リコーリース・医療・福祉事業企画室)としている。

 なお、リコーリースの連絡先は03-5550-1727。(沖本健二、日経ヘルスケア21

◇近刊紹介◇「競合時代を勝ち抜くための診療所開業マニュアル」

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で中小病院を「優遇」…病床減らす? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:23
  2. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:246
  3. 46歳男性。皮下硬結を伴う褐色斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 専門医の更新は?メスを置いた後でもOK? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-2》 FBシェア数:14
  5. 「透析中の精神疾患は見捨てる」で良いのですか その死に誰が寄り添うか−精神科単科病院にて FBシェア数:27
  6. 糖尿病治療のEvidence-Based Med… 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:81
  7. 搬送された「意識障害」の年齢別原因と転帰 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:16
  8. 7%の減量で本当に脂肪肝が治るか検証してみた 記者の眼 FBシェア数:155
  9. 入局せずPhDも取らなかった12年目消化器外科医… 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:125
  10. IBSの病態自覚を促すアプリを作りました 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:79
医師と医学研究者におすすめの英文校正