2004.05.06

設計・建設から融資まで開業を幅広く支援 リコーリースの「ドクターサポート」

 リコーリース(東京都中央区)が昨年4月から始めた診療所の新規開業向け融資「ドクターサポートローン」が、新しいタイプの商品として注目を集めている。この商品は、融資審査の際に、従来の銀行融資のように不動産担保だけに依存しない点が特徴だ。審査で重視するのは、経営者となる医師のキャリアや技術力、開業地における事業収益性、開業後のキャッシュフローなど。これらが十分に見込めれば、担保不足であっても融資を実sする。ケースによっては、無担保でも融資に応じることもあるという。

 融資限度額は1億5000万円、金利は年3.375〜5.375%、返済期間は最長15年。すでに40件の融資実績がある。

 また、ドクターサポートには、融資以外にも多様なサービスが用意されている。もともとの“本業”である医療機器などのリースのほか、診療所の立地の選定や土地の取得、建物の設計・建築についてのコンサルテーションや業者の斡旋なども手がける。開業の際に必要なサービスをワンストップで提供する点が大きな特徴だ。

 同社では、今後、年5000件程度のペースで診療所の新規開業が推移すると予測しており、「数年後には年間開業数の5%のシェアに当たる年間250件程度の開業を支援できるように商品の充実・強化を図っていきたい」(リコーリース・医療・福祉事業企画室)としている。

 なお、リコーリースの連絡先は03-5550-1727。(沖本健二、日経ヘルスケア21

◇近刊紹介◇「競合時代を勝ち抜くための診療所開業マニュアル」

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 職員が2グループに分裂、退職相次ぐ事態に 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:40
  2. 83歳男性。両下肢の脱力 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 保険者の突合点検で発覚した検査料の誤請求 あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:46
  4. 慈恵医大、画像診断所見放置で新たに2人死亡 画像診断報告書の確認漏れが相次ぐ FBシェア数:192
  5. “根室の奇跡” 耐性肺炎球菌を減らせた秘策 事例研究◎抗菌薬を適切に使えば必ず地域社会を変えられる FBシェア数:245
  6. 怒りのピーク「7秒間」を制する極意 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:24
  7. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:14
  8. ハーボニーが使えないC型肝炎患者はどうなる? 記者の眼 FBシェア数:0
  9. やる気のある職員が定着しない…打開策は? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:116
  10. 「What can I help you wit… 実践!医療英語「このフレーズ、英語で何と言う?」 FBシェア数:1