2004.05.06

【SARS速報】 中国のSARS患者発生、感染源は国立ウイルス研内の複数個所の可能性

 世界保健機関(WHO)は5月5日、4月22日に明らかになった中国の北京と安徽省における重症急性呼吸器症候群(SARS)患者発生の感染源と推定される北京の国立ウイルス学研究所に関する調査の途中経過を発表、感染源は単独の操作ミスなどではなく、複数個所である可能性が高いことを明らかにした。

 WHOと中国の合同調査チームは4月30日と5月4日の2回にわたり、閉鎖中の国立ウイルス学研究所に完全装備で入って調査を実施した。その結果、感染源を特定できなかったものの、感染源は単独のものではなく、1回の操作ミスなどによって汚染が発生したものではないことが示唆されたとしている。調査は今後も継続される予定で、既に膨大なサンプルが採取され、香港のWHO協力SARS研究施設で分析が実施されている。

 WHOは発表文中で、SARSウイルス取り扱いの注意事項として、「生きたSARSウイルスはバイオセイフティレベル3(P3)施設で扱うことを強く推奨する」という異例の勧告を掲載した。名指しこそしていないが、今回のSARS感染が、同研究所全体における基本的な安全管理の不徹底で起きたことを暗に批判した外光儀礼上ぎりぎりの表現で、WHOの強いいらだちを示したものと言える。中国は、同研究所の全面的な管理体制見直しや改装を迫られたことになりそうだ。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 私、モンスターペイシェント? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:94
  2. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:68
  3. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:108
  4. 見逃してはならないクモ膜下出血 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:2
  5. 麻酔科専門医の要件「単一施設に週3日以上勤務」へ フリーランス麻酔科医への影響は? 2019年から要件追加、2年の猶予 FBシェア数:189
  6. 東京医大の裏口入学贈収賄事件で憂うべきこと 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:315
  7. 「月1回訪問+オンライン」で在宅医療を効率化 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《4》 FBシェア数:26
  8. 肝細胞癌治療にパワーのある2次治療薬が加わる 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:29
  9. 冠静脈デバイスは冠虚血治療のラストリゾートか 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:30
  10. 聖路加病院長・福井氏「『医療の質』の議論が二の次… 学会トピック◎日本病院学会2018 FBシェア数:235
医師と医学研究者におすすめの英文校正