2004.04.28

グレラン製薬と帝人ファーマ、高脂血症治療薬で販売提携

 グレラン製薬は4月26日、同社がフランスFournier Pharma社から国内での開発・製造・販売権を取得して販売している高脂血症治療薬フェノフィブラート(一般名)の新たな微粉化製剤について、帝人ファーマと販売提携する契約を締結したと発表した。グレラン製薬は既に「リパンチルカプセル」として、科研製薬と2チャネルでフェノフィブラートを販売しているが、現在、承認申請している微粉化製剤については2ブランドで販売する計画で、そのうち1ブランドを帝人ファーマが独占的に使用する権利を得る。

 フェノフィブラートはPPARaを活性化して脂質代謝を改善する薬剤で、トリグリセリド、総コレステロール、LDLの低下とHDLコレステロール上昇作用を併せ持つという。2型糖尿病患者731人を対象とした3年間のプラセボ対照無作為化二重盲検による臨床試験「DAIS:Diabetes Atherosclerosis Intervention Study」の結果、冠動脈硬化の進展抑制に対して、有意に良好との成績が得られている。

 本件についての帝人ファーマのプレスリリースはこちらまで。DAISについてはLancet誌2001年3月24日号に成果が報告されており、登録の上、アブストラクトを読むことができる。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1409
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:108
  3. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:43
  4. 冷所保存の薬を室温に出しっぱなし!使える? 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」 FBシェア数:2
  5. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:31
  6. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:107
  7. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:31
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:51
  9. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:214
  10. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:172