2004.04.26

乳腺疾患専門の相良病院 患者のプライバシーへの配慮から番号による呼び出し開始

 鹿児島市にある乳腺疾患専門の特別医療法人博愛会・相良病院(相良吉厚院長、81床)では、外来での患者の呼び出し方法について検討した結果、5月から番号による患者の呼び出しを開始する。「当院の患者はほとんどが女性ということもあって、プライバシーの配慮には細心の注意を払っている」と事務局長の下野義弘氏は話す。

 これまでは、患者をフルネームで呼び出す方法が基本で、要望があれば呼び出さずにスタッフが患者に直接声をかけていた。しかし、番号制を導入後は、来院した患者すべてに受付で番号札を渡し、番号と名前のどちらを使って呼び出してほしいかを、あらかじめ患者に尋ねる。また要望があれば、呼び出しはせずに、職員が患者のもとに出向くのは従来通りだ。

 「医療機関に対する患者の要求も年々厳しくなり、医療機関だから仕方ないという言訳はもはや通用しなくなっている」と下野氏。待合や診察室で、患者に不快な思いをさせないことは、患者に選ばれる医療機関の重要な条件となってくるだろう。

*同病院のケースは日経ヘルスケア21の5月号「待合・診察室でのプライバシー対策」にも紹介されていますので、ぜひご覧下さい)
(友吉 由紀子、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:77
  2. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:2
  3. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:244
  4. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:35
  5. 救クリが研修先として適切か検証してみた 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:1
  6. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. ニボルマブ薬価50%下げは厚労省判断だった 医療行政の舞台裏◎実は「官邸に押し切られた」のではなく… FBシェア数:1
  8. 医師国家試験を解答するAIの正体教えます トレンド◎人工知能が医療現場にやってくる FBシェア数:221
  9. 腸管アンモニア産生菌に対する肝性脳症治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:8
  10. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1