2004.04.26

協和発酵、抗パーキンソン病薬の米国での臨床試験を再開

 協和発酵は4月23日、米子会社のKyowa Pharmaceutical社が2003年10月に一時休止していた新規の抗パーキンソン病薬であるアデノシンA2A受容体拮抗薬「KW-6002(=開発コード)」の臨床試験を再開すると発表した。2004年第3四半期(7〜9月)をめどに第3相臨床試験を開始する。試験が順調に進めば、2006年半ばに新薬承認を申請し、2007年中には発売に漕ぎ着けたいとしている。

 同社はKW-6002の第2相後期臨床試験の終了段階になって、並行して実施していたラットに対する長期投与試験で、脳に成分不明の鉱質沈着が発生する現象が認められた。このため、米国医薬品食品局と合議の上、2003年10月に第3相以降の臨床試験を中止した。

 その後、沈着した物質の主成分がカルシウムとリンであることが分かった。正常な老化でも脳の石灰化が起こること、沈着発生部位の周辺の神経細胞に壊死や梗塞などが認められないことなどから、外部専門家の見解を踏まえ、臨床試験の再開・継続を決めた。

 協和発酵のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:6
  2. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:8
  3. 日本人NVAFのための脳梗塞リスクスコア開発 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:1
  4. β遮断薬:カルベジロールに4割弱の支持集まる NMO処方サーベイ FBシェア数:103
  5. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:12
  6. 50歳代男性。咳、痰、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  7. ガイドライン外来診療◆貧血 ガイドライン外来診療 FBシェア数:0
  8. 最も長い名前の呼吸器疾患 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:9
  9. 山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:303
  10. 心房細動のないHFpEF患者の一部は高率で脳卒中… Eur Heart J誌から FBシェア数:108