2004.04.26

協和発酵、抗パーキンソン病薬の米国での臨床試験を再開

 協和発酵は4月23日、米子会社のKyowa Pharmaceutical社が2003年10月に一時休止していた新規の抗パーキンソン病薬であるアデノシンA2A受容体拮抗薬「KW-6002(=開発コード)」の臨床試験を再開すると発表した。2004年第3四半期(7〜9月)をめどに第3相臨床試験を開始する。試験が順調に進めば、2006年半ばに新薬承認を申請し、2007年中には発売に漕ぎ着けたいとしている。

 同社はKW-6002の第2相後期臨床試験の終了段階になって、並行して実施していたラットに対する長期投与試験で、脳に成分不明の鉱質沈着が発生する現象が認められた。このため、米国医薬品食品局と合議の上、2003年10月に第3相以降の臨床試験を中止した。

 その後、沈着した物質の主成分がカルシウムとリンであることが分かった。正常な老化でも脳の石灰化が起こること、沈着発生部位の周辺の神経細胞に壊死や梗塞などが認められないことなどから、外部専門家の見解を踏まえ、臨床試験の再開・継続を決めた。

 協和発酵のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  2. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  3. 長引く感冒を疾患クラスターで考える 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:13
  4. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  5. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  6. 手指衛生、ちゃんとやってるのに、一体何が… わかる!院内感染対策 FBシェア数:108
  7. 原因はおやつ!身体のココを見れば分かる!? 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:85
  8. カルボシステインの薬疹は夜飲むと起こりやすい 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:434
  9. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:390
  10. 抗PD-1抗体投与後の1型糖尿病発症、実態は 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:95