2004.04.23

【ピックアップ:高血圧治療に関する調査】 その10 合併症別の第一選択薬、循環器内科医グループでは7ケースで前回と同じ銘柄  

 MedWave「高血圧治療に関する調査」の続報をお届けする。今回は、合併症別の第一選択薬について。

 調査では、高血圧患者の合併症や状態別に九つのケースを想定し、主に第一選択薬として採用する銘柄を尋ねた。それぞれ最も多くの医師が回答した銘柄をまとめ、前回の結果も比較したのが下表(単位は%)。

 循環器内科医のグループでは7ケースで前回と同じ銘柄が選ばれた。しかし「高脂血症が合併症」の場合は「カルデナリン」が「レ二ベース」に、「脳血管障害が合併症」では「ニバジール」が「ノルバスク」に交代した。

 その他内科医では五つの合併症についてトップ銘柄が入れ替わっていた。腎不全と脳血管障害、重症高血圧で、前回トップのノルバスクから、アムロジンやニバジール、アダラートCRへ替わった。その他医師グループでトップが入れ替わったのは3ケースだった。



 調査では主要50銘柄について、現在処方している銘柄や採用理由、評価などを尋ねた(調査概要はこちらへ)。(三和護)


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
「医薬品マーケティング調査◇降圧薬の採用・評価の実態」を提供

「高血圧治療の実態調査(第3回)」がまとまりました。銘柄別の分析結果とリポート(CD-ROM付き)につきましては、マーケティングデータとして製薬企業を対象に販売致します。詳細は以下へお問い合わせください。
■〒102-8622 東京都千代田区平河町2-7-6
日経BP社 医療局広告(担当:柴谷、電話:03-5210-8036、
FAX:03-5210-8321、 E-mail nm-ad@nikkeibp.co.jp
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:467
  2. 日野原先生からいただいた二つの“謎”の言葉 佐藤綾子氏(ハリウッド大学院大学客員教授)に聞く FBシェア数:2
  3. 看護師がI.C.に同席し患者の理解をサポート 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編3》 FBシェア数:14
  4. 主訴「ちんちん痒い」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:170
  5. 三環系抗うつ薬:うつ以外への処方も広がる NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  6. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:3
  7. 非専門領域の新薬、いつから使う? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:4
  8. 説明同意文書に死亡リスクを具体的に記載 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編2》 FBシェア数:62
  9. 裁判所が求めるインフォームド・コンセントとは 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:144
  10. 主治医は言い訳をせずに真実をしっかり伝えよ 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編1》 FBシェア数:146