2004.04.23

【ピックアップ:高血圧治療に関する調査】 その10 合併症別の第一選択薬、循環器内科医グループでは7ケースで前回と同じ銘柄  

 MedWave「高血圧治療に関する調査」の続報をお届けする。今回は、合併症別の第一選択薬について。

 調査では、高血圧患者の合併症や状態別に九つのケースを想定し、主に第一選択薬として採用する銘柄を尋ねた。それぞれ最も多くの医師が回答した銘柄をまとめ、前回の結果も比較したのが下表(単位は%)。

 循環器内科医のグループでは7ケースで前回と同じ銘柄が選ばれた。しかし「高脂血症が合併症」の場合は「カルデナリン」が「レ二ベース」に、「脳血管障害が合併症」では「ニバジール」が「ノルバスク」に交代した。

 その他内科医では五つの合併症についてトップ銘柄が入れ替わっていた。腎不全と脳血管障害、重症高血圧で、前回トップのノルバスクから、アムロジンやニバジール、アダラートCRへ替わった。その他医師グループでトップが入れ替わったのは3ケースだった。



 調査では主要50銘柄について、現在処方している銘柄や採用理由、評価などを尋ねた(調査概要はこちらへ)。(三和護)


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
「医薬品マーケティング調査◇降圧薬の採用・評価の実態」を提供

「高血圧治療の実態調査(第3回)」がまとまりました。銘柄別の分析結果とリポート(CD-ROM付き)につきましては、マーケティングデータとして製薬企業を対象に販売致します。詳細は以下へお問い合わせください。
■〒102-8622 東京都千代田区平河町2-7-6
日経BP社 医療局広告(担当:柴谷、電話:03-5210-8036、
FAX:03-5210-8321、 E-mail nm-ad@nikkeibp.co.jp
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48