2004.04.23

新シリーズ【パナケイア:若手医師のために】(6) 循環器学会サイト関連調査から、先輩が推薦する臨床研修病院 「多くの症例に短期間で当たれる」で「国立循環器病センター」

 臨床指定研修病院を決める際に、先輩医師の意見はとても貴重に違いない。MedWaveでは3月に開設した日本循環器学会の速報サイトと連動してweb調査を実施し、172人から回答を得た。調査自体は循環器領域の最近の動向を明らかにするものだったが、その中で臨床研修についても尋ね、後輩に推薦する臨床研修病院を挙げてもらった。本日は、特に目立った病院とその推薦理由を紹介する。

 「国立循環器病センター」も上位に登場した。具体的な病院名を記入した67人のうち5人が挙げた。調査対象が循環器であったことを考えると、もう少し推薦が多くても良かったのかもしれない。

 推薦理由としては、「オールラウンドに研修できそう」(55〜59歳、診療所開業、循環器内科)、「最新の治療手段に取り組める」(60歳以上、診療所開業、その他)、「設備診療内容が良い」(60歳以上、病院開業、循環器内科)、「多くの症例に短期間で当たれるから」(60歳以上、一般病院勤務、循環器内科)など。標榜科目が「循環器内科」の医師が大半である点が特徴だ。

 「かつて自分が研修した」(45〜49歳、診療所開業、循環器内科)という実感の伴った推薦理由もあった。

 国立循環器病センターのホームページはhttp://www.ncvc.go.jp/。臨床研修医募集については、レジデントについてに掲載されている。先輩レジデントから一言は、国立循環器病センター以外を希望する人にとっても役に立つ情報が盛り込まれている。
(三和護)


■ 新シリーズパナケイア:若手医師のために】 ■
◆国立循環器病センターのホームページはhttp://www.ncvc.go.jp/。臨床研修医募集については、レジデントについて
◆聖路加国際病院のホームページはhttp://www.luke.or.jp/
◆沖縄県立中部病院のホームページはhttp://www.hosp.pref.okinawa.jp/chubu/。臨床研修医募集については、こちらに掲載されている




■ お知らせ ■
 MedWaveでは、パナケイア:若手医師のために】の開設を機に、新たなメールマガジン「パナケイア:若手医師のために」を配信する予定です。研修病院の動向、若手医師が抱える問題点と解決策、先輩医師からのアドバイスなどを取り上げていきます。

 メールマガジンの配信(無料)を希望される医師の方は、登録画面の「希望する情報」で、「医師の臨床研修」にチェックしてください。その際、「MedWaveからのメール配信を希望しますか?」で「はい」にチェックしてください。プロフェッショナル・プログラム登録・変更からお願いします。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認定内科医はどうなる?内科専門医になれる? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-3》 FBシェア数:38
  2. 13歳女児。増大傾向にある肝病変 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  3. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:269
  4. 「土俵×女性」問題で虎が感じた違和感 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:26
  5. 2018改定で中小病院を「優遇」…病床減らす? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:45
  6. いまだに減らない「いきなりAIDS」 厚生科学審議会感染症部会エイズ・性感染症に関する小委員会が報告 FBシェア数:65
  7. H2ブロッカー:ガスター人気の拡大続く NMO処方サーベイ FBシェア数:54
  8. 専門医の更新は?メスを置いた後でもOK? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-2》 FBシェア数:17
  9. 面談の極意は「目的が伝わる組み立て」にあり 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか FBシェア数:200
  10. 搬送された「意識障害」の年齢別原因と転帰 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:21
医師と医学研究者におすすめの英文校正