2004.04.23

新シリーズ【パナケイア:若手医師のために】(6) 循環器学会サイト関連調査から、先輩が推薦する臨床研修病院 「多くの症例に短期間で当たれる」で「国立循環器病センター」

 臨床指定研修病院を決める際に、先輩医師の意見はとても貴重に違いない。MedWaveでは3月に開設した日本循環器学会の速報サイトと連動してweb調査を実施し、172人から回答を得た。調査自体は循環器領域の最近の動向を明らかにするものだったが、その中で臨床研修についても尋ね、後輩に推薦する臨床研修病院を挙げてもらった。本日は、特に目立った病院とその推薦理由を紹介する。

 「国立循環器病センター」も上位に登場した。具体的な病院名を記入した67人のうち5人が挙げた。調査対象が循環器であったことを考えると、もう少し推薦が多くても良かったのかもしれない。

 推薦理由としては、「オールラウンドに研修できそう」(55〜59歳、診療所開業、循環器内科)、「最新の治療手段に取り組める」(60歳以上、診療所開業、その他)、「設備診療内容が良い」(60歳以上、病院開業、循環器内科)、「多くの症例に短期間で当たれるから」(60歳以上、一般病院勤務、循環器内科)など。標榜科目が「循環器内科」の医師が大半である点が特徴だ。

 「かつて自分が研修した」(45〜49歳、診療所開業、循環器内科)という実感の伴った推薦理由もあった。

 国立循環器病センターのホームページはhttp://www.ncvc.go.jp/。臨床研修医募集については、レジデントについてに掲載されている。先輩レジデントから一言は、国立循環器病センター以外を希望する人にとっても役に立つ情報が盛り込まれている。
(三和護)


■ 新シリーズパナケイア:若手医師のために】 ■
◆国立循環器病センターのホームページはhttp://www.ncvc.go.jp/。臨床研修医募集については、レジデントについて
◆聖路加国際病院のホームページはhttp://www.luke.or.jp/
◆沖縄県立中部病院のホームページはhttp://www.hosp.pref.okinawa.jp/chubu/。臨床研修医募集については、こちらに掲載されている




■ お知らせ ■
 MedWaveでは、パナケイア:若手医師のために】の開設を機に、新たなメールマガジン「パナケイア:若手医師のために」を配信する予定です。研修病院の動向、若手医師が抱える問題点と解決策、先輩医師からのアドバイスなどを取り上げていきます。

 メールマガジンの配信(無料)を希望される医師の方は、登録画面の「希望する情報」で、「医師の臨床研修」にチェックしてください。その際、「MedWaveからのメール配信を希望しますか?」で「はい」にチェックしてください。プロフェッショナル・プログラム登録・変更からお願いします。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48