2004.04.23

FDAがパーキンソン病“オフ”時間の治療薬を承認

 米国食品医薬品局(FDA)は4月21日、パーキンソン病の患者が日常生活動作が困難になる、いわゆる“オフ”時間に対する注射による治療薬、Apokyn (成分名:apomorphine)を承認した。“オフ”時間の治療薬としてはApokynが初めてで、FDAの優先承認の対象となった。

 こうした“オフ”時間は、薬の効果がきれたり、また薬とは無関係に特発的に起こるものもある。治験ではApokynが、この両者の“オフ”時間に効果があることが示された。被験者のパーキンソン病が発症してからの期間は、平均で11.3年、レボドパと最低もう1種類の薬を服用していたという。なお、“オフ”時間は、パーキンソン病の典型的な治療を3〜5年続けた患者の、約10%が経験しているという。

 また、Apokynは副作用として重度の吐き気や嘔吐を伴うため、抗嘔吐薬と併用しなくてはならない。

 FDAによると、米国のパーキンソン病の患者数は約150万人。

 Apokynの製造元は、Draxis Pharma社(カナダ)で販売元はBertek Pharmaceuticals社(ノースキャロライナ州Research Triangle Park)。詳しくは、FDAのニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 私、モンスターペイシェント? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:94
  2. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:68
  3. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:108
  4. 見逃してはならないクモ膜下出血 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:2
  5. 麻酔科専門医の要件「単一施設に週3日以上勤務」へ フリーランス麻酔科医への影響は? 2019年から要件追加、2年の猶予 FBシェア数:189
  6. 東京医大の裏口入学贈収賄事件で憂うべきこと 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:315
  7. 「月1回訪問+オンライン」で在宅医療を効率化 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《4》 FBシェア数:26
  8. 肝細胞癌治療にパワーのある2次治療薬が加わる 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:29
  9. 冠静脈デバイスは冠虚血治療のラストリゾートか 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:30
  10. 聖路加病院長・福井氏「『医療の質』の議論が二の次… 学会トピック◎日本病院学会2018 FBシェア数:235
医師と医学研究者におすすめの英文校正