2004.04.23

FDAがパーキンソン病“オフ”時間の治療薬を承認

 米国食品医薬品局(FDA)は4月21日、パーキンソン病の患者が日常生活動作が困難になる、いわゆる“オフ”時間に対する注射による治療薬、Apokyn (成分名:apomorphine)を承認した。“オフ”時間の治療薬としてはApokynが初めてで、FDAの優先承認の対象となった。

 こうした“オフ”時間は、薬の効果がきれたり、また薬とは無関係に特発的に起こるものもある。治験ではApokynが、この両者の“オフ”時間に効果があることが示された。被験者のパーキンソン病が発症してからの期間は、平均で11.3年、レボドパと最低もう1種類の薬を服用していたという。なお、“オフ”時間は、パーキンソン病の典型的な治療を3〜5年続けた患者の、約10%が経験しているという。

 また、Apokynは副作用として重度の吐き気や嘔吐を伴うため、抗嘔吐薬と併用しなくてはならない。

 FDAによると、米国のパーキンソン病の患者数は約150万人。

 Apokynの製造元は、Draxis Pharma社(カナダ)で販売元はBertek Pharmaceuticals社(ノースキャロライナ州Research Triangle Park)。詳しくは、FDAのニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:144
  2. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:4
  3. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1
  4. 梅毒かも、結果が出るまではエッチ厳禁で 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:96
  5. 貯金?最悪!元本保証の呪縛から解き放たれよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  6. 「落ちこぼれ研修医が後輩に対してメンツを保つには… 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:4
  7. 新専門医制度、8月の専攻医募集開始に向け運用細則… 大都市の5都府県は定員に上限 FBシェア数:54
  8. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:7
  9. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  10. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1837