2004.04.23

FDAがパーキンソン病“オフ”時間の治療薬を承認

 米国食品医薬品局(FDA)は4月21日、パーキンソン病の患者が日常生活動作が困難になる、いわゆる“オフ”時間に対する注射による治療薬、Apokyn (成分名:apomorphine)を承認した。“オフ”時間の治療薬としてはApokynが初めてで、FDAの優先承認の対象となった。

 こうした“オフ”時間は、薬の効果がきれたり、また薬とは無関係に特発的に起こるものもある。治験ではApokynが、この両者の“オフ”時間に効果があることが示された。被験者のパーキンソン病が発症してからの期間は、平均で11.3年、レボドパと最低もう1種類の薬を服用していたという。なお、“オフ”時間は、パーキンソン病の典型的な治療を3〜5年続けた患者の、約10%が経験しているという。

 また、Apokynは副作用として重度の吐き気や嘔吐を伴うため、抗嘔吐薬と併用しなくてはならない。

 FDAによると、米国のパーキンソン病の患者数は約150万人。

 Apokynの製造元は、Draxis Pharma社(カナダ)で販売元はBertek Pharmaceuticals社(ノースキャロライナ州Research Triangle Park)。詳しくは、FDAのニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:15
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:3
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:950
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 医師を待たずに緊急時のカテーテル交換 ケーススタディー◎訪問看護ステーション愛美園(茨城県桜川市) FBシェア数:20
  7. 病院全損の理事長が今語る、被災病院が歩むいばらの… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:5
  8. 看護師特定行為研修、制度見直しに向け検討へ 開始から1年半、研修修了者が増えない実態を踏まえ FBシェア数:143
  9. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  10. 郵送も可能なウェアラブル機器で心房細動を検出 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:54