2004.04.23

【SARS速報】 北京市内で20歳の女性看護師がSARS疑い、接触した5人も発熱

 中国衛生省は4月22日夜、北京市内で重症急性呼吸器症候群(SARS)の疑い例患者が1人発生したことを明らかにした。患者の接触者に対する調査の結果、5人に発熱などが見られ、隔離して経過観察が行われている。中国衛生省は同日、世界保健機関(WHO)に報告、WHO北京事務所が同省と緊密な連絡をとっているという。感染が確定すれば今年1月に同国広東省で合わせて3人が感染して以来の患者発生となる。

 患者は北京市内の病院に勤務する20歳の女性看護師で、4月5日から悪寒、発熱、咳嗽などの症状を訴えたため、4月7日に勤務先の病院に入院した。しかし、症状が好転しなかったため、4月14日に北京大学病院に転院し、集中治療室に収容された。その後19日になって患者に付き添っていた親族2人に発熱が見られたことから、血清抗体検査を行ったところ、SARS抗体陽性であることが判明、報告を受けた北京市衛生局や中国疾病予防対策センターが検査を繰り返した結果、SARS疑い例と認定された。

 北京市が患者に密接に接触した171人に対して医学的な観察を行ったところ、このうち5人に発熱などの症状があり、隔離措置がとられた。患者が医療関係者であり、勤務先の病院の宿舎に居住していたことから、感染が拡大するおそれもありそうだ。中国衛生省は各地の衛生当局にSARSへの警戒強化を指令した。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

■ 参考図書 ■

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:72
  2. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療 FBシェア数:597
  3. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:439
  4. 知っているようで知らない「かぜ」を科学する かぜ診療での“困った”に答えます FBシェア数:138
  5. 「一度入れた人工呼吸器は外せない」は誤解 インタビュー◎医療の有益性より患者の意思を尊重すべし FBシェア数:369
  6. 『君たちはどう生きるか』と救急受け入れ拒否 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:74
  7. 67歳男性。心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  8. 「医院に接遇はいらない」と反発した職員の真意 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:246
  9. 脳卒中で逝った大奥の支配者 天璋院篤姫 病と歴史への招待 FBシェア数:1
  10. 130/80mmHg超えたら高血圧?患者数急増へ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《1》 FBシェア数:91
医師と医学研究者におすすめの英文校正