2004.04.23

【SARS速報】 北京市内で20歳の女性看護師がSARS疑い、接触した5人も発熱

 中国衛生省は4月22日夜、北京市内で重症急性呼吸器症候群(SARS)の疑い例患者が1人発生したことを明らかにした。患者の接触者に対する調査の結果、5人に発熱などが見られ、隔離して経過観察が行われている。中国衛生省は同日、世界保健機関(WHO)に報告、WHO北京事務所が同省と緊密な連絡をとっているという。感染が確定すれば今年1月に同国広東省で合わせて3人が感染して以来の患者発生となる。

 患者は北京市内の病院に勤務する20歳の女性看護師で、4月5日から悪寒、発熱、咳嗽などの症状を訴えたため、4月7日に勤務先の病院に入院した。しかし、症状が好転しなかったため、4月14日に北京大学病院に転院し、集中治療室に収容された。その後19日になって患者に付き添っていた親族2人に発熱が見られたことから、血清抗体検査を行ったところ、SARS抗体陽性であることが判明、報告を受けた北京市衛生局や中国疾病予防対策センターが検査を繰り返した結果、SARS疑い例と認定された。

 北京市が患者に密接に接触した171人に対して医学的な観察を行ったところ、このうち5人に発熱などの症状があり、隔離措置がとられた。患者が医療関係者であり、勤務先の病院の宿舎に居住していたことから、感染が拡大するおそれもありそうだ。中国衛生省は各地の衛生当局にSARSへの警戒強化を指令した。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

■ 参考図書 ■

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  2. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  3. 長引く感冒を疾患クラスターで考える 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:13
  4. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  5. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  6. 手指衛生、ちゃんとやってるのに、一体何が… わかる!院内感染対策 FBシェア数:108
  7. 原因はおやつ!身体のココを見れば分かる!? 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:85
  8. カルボシステインの薬疹は夜飲むと起こりやすい 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:434
  9. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:390
  10. 抗PD-1抗体投与後の1型糖尿病発症、実態は 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:95