2004.04.21

【循環器領域の最新知見に関する調査】No.1 「専門医で喫煙は、以前より確実に減った」との回答が56.4%

 MedWaveは3月に開設した日本循環器学会の速報サイトと連動してweb調査「循環器領域の最新知見に関する調査」を実施し、172人から回答を得た。調査では、喫煙もテーマに取り上げ、読者の意見を求めた。その中で、禁煙宣言のその後について尋ねたところ、「専門医で喫煙している人は、以前より確実に減ったと思う」と回答した人が56.4%と過半数を超えていた(図1)。

 「専門医で喫煙している人は、最近見かけたことがない」は1.2%で、約6割の人は、「循環器学会専門医は全員非喫煙者であることを目指す」とした日本循環器学会の努力目標が成果を上げていると感じていた。

 「専門医で喫煙している人は、以前とほとんど変わらない」は34.3%、「専門医で喫煙している人は、むしろ増えているように思う」は0.6%、「分からない」は7.6%だった。

 調査では、日本循環器学会も日本呼吸器学会と同様に、専門医の資格要件に「たばこを吸わないこと」を設けるべきと思うかどうかも訪ねた。その結果、「設けるべき」と回答したのは72.7%でほとんどの人が支持していた。一方の「設けるべきではない」は17.4%と大差が開いた(図2)。

 昨年実施した日本循環器学会速報サイト関連調査でも同様の質問をしているが、そのときは、78.7%の人が「設けるべき」と回答していた(関連トピックス)。若干ではあるが「設けるべき」の支持派が減ったことになるが、それでも高率であることに変わりはない。




 なお、回答者の喫煙状況を尋ねたところでは、「現在も吸っている」が11.6%、「かつては吸っていたが、現在はやめている」が39.0%、「吸ったことはない」が49.4%だった(図3)。

 昨年との比較では、「現在も吸っている」が13.3%から11.6%に、「かつては吸っていたが、現在はやめている」が41.3%から39.0%に、それぞれ減少していた。「吸ったことはない」は、45.3%から49.4%に増えている(昨年の回答数は75)。
(三和護)





Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176