2004.04.21

メーク落としで角膜損傷や視力低下のトラブル、東京都が公表

 眼のまわりのメークを落とすときには、メーク落としの成分表示をもう一度確かめた方がよさそうだ。東京都は2000年9月から2004年3月の間、都の消費生活センターにメーク落とし剤による眼のトラブルに関する相談が6件寄せられ、そのうち5件で「オレス系」と呼ばれる界面活性剤を含む製品が使われていたことを明らかにした。トラブルがあったケースでは、メーク落とし剤が眼に入ると時間の経過とともに「痛み」や「かすみ」の症状が現れた。視力が低下したケースもあった。医師の診断では角膜損傷が確認されている。

 トラブルが報告されたオレス系界面活性剤配合のメーク落とし剤4製品については、消費生活センターに対する苦情のほか、メーカーが受け付けた苦情が132件あり、ほとんどのケースで通院による治療が必要になっている。

 販売総数は4製品合計で約123万本なので、顕在化したトラブルは1万本に1件強という計算になる。トラブルが確認されたオレス系界面活性剤配合のメーク落とし剤4製品については、3製品は販売中止、残りの1製品は、東京都の指導によって「自主的に」回収されており、店頭には出回っていないと考えられる。

 オレス系界面活性剤は乳化のために添加されている成分で、「オレス-2」「オレス-10」あるいは「ポリオキシエチレンオレイルエーテル」などと表示されている。手元のメーク落としの成分表示を一度確認し、オレス系界面活性剤の表示がある場合は、眼の周囲のメーク落としには使わない方がよさそうだ。なお、オレス系界面活性剤自体は化粧品への配合が認められたもので、眼に入った場合以外のトラブルは報告されていないという。

 東京都のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  2. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  4. 腰椎手術後に低酸素脳症、麻酔医らの過失認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:431
  6. なくならないアカハラ、学外機関設置で予防を 記者の眼 FBシェア数:28
  7. これからは早期からの在宅ケアの時代? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:72
  8. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:132
  9. オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思い… 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:45
  10. 逆流性食道炎のリスク因子に男女差あり 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2