2004.04.21

メーク落としで角膜損傷や視力低下のトラブル、東京都が公表

 眼のまわりのメークを落とすときには、メーク落としの成分表示をもう一度確かめた方がよさそうだ。東京都は2000年9月から2004年3月の間、都の消費生活センターにメーク落とし剤による眼のトラブルに関する相談が6件寄せられ、そのうち5件で「オレス系」と呼ばれる界面活性剤を含む製品が使われていたことを明らかにした。トラブルがあったケースでは、メーク落とし剤が眼に入ると時間の経過とともに「痛み」や「かすみ」の症状が現れた。視力が低下したケースもあった。医師の診断では角膜損傷が確認されている。

 トラブルが報告されたオレス系界面活性剤配合のメーク落とし剤4製品については、消費生活センターに対する苦情のほか、メーカーが受け付けた苦情が132件あり、ほとんどのケースで通院による治療が必要になっている。

 販売総数は4製品合計で約123万本なので、顕在化したトラブルは1万本に1件強という計算になる。トラブルが確認されたオレス系界面活性剤配合のメーク落とし剤4製品については、3製品は販売中止、残りの1製品は、東京都の指導によって「自主的に」回収されており、店頭には出回っていないと考えられる。

 オレス系界面活性剤は乳化のために添加されている成分で、「オレス-2」「オレス-10」あるいは「ポリオキシエチレンオレイルエーテル」などと表示されている。手元のメーク落としの成分表示を一度確認し、オレス系界面活性剤の表示がある場合は、眼の周囲のメーク落としには使わない方がよさそうだ。なお、オレス系界面活性剤自体は化粧品への配合が認められたもので、眼に入った場合以外のトラブルは報告されていないという。

 東京都のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 人工呼吸器の中止はモルヒネによる緩和ケア後に インタビュー◎集中治療における終末期医療の日米の違いを考える FBシェア数:146
  2. 頭に何かできました。もしかしてガンですか? 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:29
  3. 「おちんちんが小さいのでは?」と聞かれたら 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:50
  4. スポーツ貧血治療、実は結構気を遣うんです あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:28
  5. 32歳男性。全手指の爪症状 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:79
  7. 幻肢の痛みをバーチャルリアリティーで癒す トレンド◎幻肢痛の治療最前線 FBシェア数:94
  8. インフルエンザ発症直後は心筋梗塞が増える NEJM誌から FBシェア数:119
  9. 実は一番厄介なセンター国語対策をどうすべきか 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:5
  10. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1984
医師と医学研究者におすすめの英文校正