2004.04.20

【ACC2004:循環器治療の最新動向に関する調査】No.5 今後「もっとも注目すべき循環器疾患」のその理由(2)

 MedWaveは、米国心臓学会(ACC2004)を機に「循環器治療の最新動向に関する調査」を実施した。その続報を報告する。

 調査では、今後注目すべき循環器疾患は何なのか、ALLHATの発表後に降圧薬の処方動向は変化したのか、循環器疾患の診療に携わる医師が関心を持っているテーマは何なのか、などを尋ねた。

 今後注目すべき循環器疾患を挙げてもらったところ、前回報告したとおり、「本態性高血圧」が66.3%でトップだった。2位は「急性心筋梗塞」(61.5%)、3位は「脳梗塞」(59.6%)だった。「狭心症」と「不整脈」も50.0%で半数に達していた。

 もっとも注目すべき循環器疾患を尋ねた結果では、やはり「本態性高血圧」が29.8%とトップだった(下の図)。2位は「動脈硬化」で23.1%。3位は「急性心筋梗塞」で19.2%だった。ちなみに2年前の調査結果では、「動脈硬化」がトップ。「心不全」が2位、「急性心筋梗塞」が3位だった。「本態性高血圧」は14%で4位(回答者数50)。

 「もっとも注目すべき循環器疾患」を挙げた理由を尋ねたところ、様々な意見が寄せられた。前回、上位を占めた「本態性高血圧」「動脈硬化」「急性心筋梗塞」の各疾患ごとに、主な理由を紹介した。今回は、それ以外の意見を疾患ごとに紹介する。

高血圧性心疾患
◇血管病変が主体と考えているから
◇高血圧症は今一番頻度の高い疾患である。患者の高齢化とともにその末期の高血圧性心疾患は循環器疾患の中で重要になると思われる。
◇多くの循環器、脳疾患に疾患に関わりうるため。
◇あらゆる疾患の原因になりうるところでは最多の疾患である。他の疾患もむろんケアは必要であるが、頻度は多くない。
◇今後増加していくと考えられるから。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  2. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  3. 長引く感冒を疾患クラスターで考える 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:13
  4. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  5. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  6. 手指衛生、ちゃんとやってるのに、一体何が… わかる!院内感染対策 FBシェア数:108
  7. 原因はおやつ!身体のココを見れば分かる!? 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:85
  8. カルボシステインの薬疹は夜飲むと起こりやすい 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:434
  9. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:390
  10. 抗PD-1抗体投与後の1型糖尿病発症、実態は 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:95