2004.04.18

【投稿】シルバー、シニア、サードエイジをめぐる話

 村田裕之氏の「スマートシニア・ビジネスレビュー 04.04.12 Vol.48」が届
きました。今回のテーマは「シルバー、シニア、サードエイジをめぐる話」で
す。「シルバー」「シニア」「サードエイジ」など、中高年を対象とする市場
を語る言葉は変遷しています。これは、ビジネスの移り変わりを反映したもの
なのでしょうか。

==============================
シルバー、シニア、サードエイジをめぐる話
==============================

 中高年を対象とする市場を語る時に、どういう言葉が相応しいのかわからな
い、という質問を時々受ける。

 80年代から90年代まではシルバービジネス、シルバー市場、などシルバーと
いう言葉が多かった。

 一方、1999年から2000年頃から、シニア(senior)という言葉が多く使われる
ようになってきた。

 このseniorという英語には、いくつかの意味がある。

 一番目は、「高いランクや地位をもつ」という意味。
 二番目は、「年長の」という意味。

 実はこの意味においてseniorには、特定の年齢を指す意味はない。

 シニアの定義を50歳以上などと定義することがあるが、これはあくまで便宜
的な定義である。

 当のアメリカにおいてすら、このあたりはあいまいで、たとえば、シニアネ
ットの会員条件は50歳以上である一方、ファミリーレストランのシニア割引は
60歳以上だったりする。

 三番目は、高校や大学における「最年長学年」の意味。

 このようにseniorは、本来、高い地位や年長という意味だけで特定の年齢層
は意味しない。

 ところが、senior citizen というと、アメリカではおおむね65歳前後以上の
年齢層を指す。

 この場合、日本語で言う「高齢者」の意味に極めて近い。しかも、senior
citizenを略して、seniorということもよくある。

 これが、日本人のみならずアメリカ人の中でもseniorという言葉がわかりに
くくなっている理由である。

→全文を読む
http://muratainc.com/review/y2004/vol48.html

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:129
  2. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:57
  3. NCDで変わり始めた外科手術 リポート◎登録開始から5年、800万を超える外科症例データが集積 FBシェア数:35
  4. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:282
  5. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急
  6. 地域枠義務放棄の医師採用は研修補助金を減額 臨床研修病院はマッチング時に「地域枠医師」かどうかの確認を FBシェア数:221
  7. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚
  8. 国主導の『抗微生物薬適正使用の手引き』公表へ 厚生科学審議会感染症部会で了承 FBシェア数:87
  9. 13歳女児。繰り返す嘔吐 日経メディクイズ●小児
  10. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1