2004.04.16

カプセル不人気は一段落か  3月下旬から売れ行き上位にランクイン――ケンコーコム2月、3月売れ筋ランキングから

 BSE(牛海綿状脳症)を懸念する消費者が敬遠気味だったカプセル入りのサプリメントの売れ行きが、回復してきたようだ。

 約2万アイテムの健康関連商品を販売する大手通販サイト「ケンコーコム」(運営:ケンコーコム・東京都港区)によると、3月下旬から、カプセル入りサプリのコエンザイムQ10などがランク上位に顔を出すようになってきた。

 2004年2月と3月のケンコーコム売り上げ上位20(http://www.kenko.com/company/release.html)からはカプセル入りサプリが姿を消していたが、ここにきてサプリメントメーカーの安全確保策が一段落し、消費者もBSE問題に対して落ち着きを取り戻してきたようだ。

 サプリメントに使っているカプセルは通常、牛の皮や骨を原料にしたゼラチンカプセルを使用している。

 2003年末に米国でBSE(牛海綿状脳症)の感染牛が見つかったことから厚生労働省は、1月16日、BSE発生国の牛のせき柱を原料に含む可能性のある食品やサプリメントの販売自粛を各社に呼びかけた。

 食品衛生法の規定に基づく新たな規制を設け、2月16日以降は該当商品の販売を禁止した(参考資料)。

 以前からBSEとゼラチンカプセルの問題が指摘されてきたこともあり、サプリメントメーカーは、BSE非発生国の牛や豚を使ったり、代替品として魚のゼラチンや野菜を原料とするカプセルに変更するなど、自主的な対策を講じてきた。

 サプリメントを販売する大塚製薬は、販売するネイチャーメイドのサプリメントも、1月下旬から3月下旬まで、カプセルに使っている原材料の確認や商品リニューアルのため、一時的に出荷を停止していた。

 ケンコーコムでは、取り扱い商品に使用しているゼラチンカプセルの原料に、BSE発生国の牛のせき柱が含まれる恐れがないかを調査した。

 その結果、確認が取れないメーカーの商品は取り扱いを一時停止した。メーカー側が、原料の確認や商品のリニューアルのために、自主的に出荷を一時停止したケースもあったという。

 大塚製薬は、安全性確認を終えて、3月下旬から出荷を再開。直後にケンコーコムの売り上げランクで、ネイチャーメイドのコエンザイムQ10が上位に食い込んだ。

 「販売再開を待っていたリピーター需要で上位に食い込んだのでは」(ケンコーコム)とみられている。

 ちなみに、ケンコーコムでの3月の人気商品は、テレビの報道をきっかけに火がついた「沙棘(サジー)」の果汁(1位と8位)、ダイエットにいいとされる「ジュアール茶」(5位)、花粉症シーズンならではの「杉花粉飴」(2位)や「シジュウム茶」(7位)、定番の「もろみ酢」(3位)、ローストした玄米の粉「ブラックジンガー」(4位)などだった。 
(小山千穂)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:544
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  3. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:2
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:211
  5. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:431
  6. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  7. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  8. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:5
  9. 前立腺生検の対象はMRIでトリアージするべき Lancet誌から FBシェア数:81
  10. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1051