2004.04.16

カプセル不人気は一段落か  3月下旬から売れ行き上位にランクイン――ケンコーコム2月、3月売れ筋ランキングから

 BSE(牛海綿状脳症)を懸念する消費者が敬遠気味だったカプセル入りのサプリメントの売れ行きが、回復してきたようだ。

 約2万アイテムの健康関連商品を販売する大手通販サイト「ケンコーコム」(運営:ケンコーコム・東京都港区)によると、3月下旬から、カプセル入りサプリのコエンザイムQ10などがランク上位に顔を出すようになってきた。

 2004年2月と3月のケンコーコム売り上げ上位20(http://www.kenko.com/company/release.html)からはカプセル入りサプリが姿を消していたが、ここにきてサプリメントメーカーの安全確保策が一段落し、消費者もBSE問題に対して落ち着きを取り戻してきたようだ。

 サプリメントに使っているカプセルは通常、牛の皮や骨を原料にしたゼラチンカプセルを使用している。

 2003年末に米国でBSE(牛海綿状脳症)の感染牛が見つかったことから厚生労働省は、1月16日、BSE発生国の牛のせき柱を原料に含む可能性のある食品やサプリメントの販売自粛を各社に呼びかけた。

 食品衛生法の規定に基づく新たな規制を設け、2月16日以降は該当商品の販売を禁止した(参考資料)。

 以前からBSEとゼラチンカプセルの問題が指摘されてきたこともあり、サプリメントメーカーは、BSE非発生国の牛や豚を使ったり、代替品として魚のゼラチンや野菜を原料とするカプセルに変更するなど、自主的な対策を講じてきた。

 サプリメントを販売する大塚製薬は、販売するネイチャーメイドのサプリメントも、1月下旬から3月下旬まで、カプセルに使っている原材料の確認や商品リニューアルのため、一時的に出荷を停止していた。

 ケンコーコムでは、取り扱い商品に使用しているゼラチンカプセルの原料に、BSE発生国の牛のせき柱が含まれる恐れがないかを調査した。

 その結果、確認が取れないメーカーの商品は取り扱いを一時停止した。メーカー側が、原料の確認や商品のリニューアルのために、自主的に出荷を一時停止したケースもあったという。

 大塚製薬は、安全性確認を終えて、3月下旬から出荷を再開。直後にケンコーコムの売り上げランクで、ネイチャーメイドのコエンザイムQ10が上位に食い込んだ。

 「販売再開を待っていたリピーター需要で上位に食い込んだのでは」(ケンコーコム)とみられている。

 ちなみに、ケンコーコムでの3月の人気商品は、テレビの報道をきっかけに火がついた「沙棘(サジー)」の果汁(1位と8位)、ダイエットにいいとされる「ジュアール茶」(5位)、花粉症シーズンならではの「杉花粉飴」(2位)や「シジュウム茶」(7位)、定番の「もろみ酢」(3位)、ローストした玄米の粉「ブラックジンガー」(4位)などだった。 
(小山千穂)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  2. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:530
  3. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:253
  4. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:252
  5. インフルエンザ脳症で30代患者死亡、今季2例目 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:303
  6. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  7. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:151
  8. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:39
  9. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:194
  10. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:154
医師と医学研究者におすすめの英文校正