2004.04.14

タミフル1歳未満児投与の実態調査 小児科学会関連2学会の協力得て4月中にも開始

 1歳未満児へのタミフルドライシロップ(一般名:リン酸オセルタミビル)投与の安全性を把握するための調査が、4月中にも始まる。既に内定していた日本外来小児科学会に加え、日本小児感染症学会も4月10日に開催された評議員会で調査への協力を決めた。調査は日本小児科学会が主催し、中外製薬が実施する形になる。

 調査は、2003年11月から2004年3月までの今期インフルエンザシーズンを対象とした後ろ向き調査と、次期インフルエンザシーズンに実施する予定の前向き調査との2段階で行う。

 今シーズンの実態調査では、有害事象の把握を主な目的として、投与量と投与後の患児の容態を中心に調べる。調査は調査票と電話による聞き取りで行う。調査期間は4月中旬から7月を目途としている。

 調査は外来小児科学会と小児感染症学会の会員が所属する施設を対象とする。原則として全例調査を行う予定で、最終的に数百件の症例数を見込んでいる。調査結果は次期インフルエンザシーズン前までにまとめ、各学会に報告する予定という。

 前向き調査については、「今年冬の次期インフルエンザシーズンに行う予定だが、実態調査の結果を踏まえて調査内容を決める。詳細は未定」(中外製薬安全性情報部グループマネジャーの橋本雅実氏)という。(熊介子)

■ 関連トピックス ■
◆2004.4.5 日本小児科学会、タミフルの1歳未満投与について近く調査を実施

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:479
  2. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:12
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. オピオイドの用量調節とスイッチングの基本方法 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」 FBシェア数:105
  5. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:582
  6. 「真面目なメンタルケア」が真面目ちゃんを苦しめる 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:20
  8. インフル入院患者、届出数が100人を超える インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:109
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:196
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:180