2004.04.14

タミフル1歳未満児投与の実態調査 小児科学会関連2学会の協力得て4月中にも開始

 1歳未満児へのタミフルドライシロップ(一般名:リン酸オセルタミビル)投与の安全性を把握するための調査が、4月中にも始まる。既に内定していた日本外来小児科学会に加え、日本小児感染症学会も4月10日に開催された評議員会で調査への協力を決めた。調査は日本小児科学会が主催し、中外製薬が実施する形になる。

 調査は、2003年11月から2004年3月までの今期インフルエンザシーズンを対象とした後ろ向き調査と、次期インフルエンザシーズンに実施する予定の前向き調査との2段階で行う。

 今シーズンの実態調査では、有害事象の把握を主な目的として、投与量と投与後の患児の容態を中心に調べる。調査は調査票と電話による聞き取りで行う。調査期間は4月中旬から7月を目途としている。

 調査は外来小児科学会と小児感染症学会の会員が所属する施設を対象とする。原則として全例調査を行う予定で、最終的に数百件の症例数を見込んでいる。調査結果は次期インフルエンザシーズン前までにまとめ、各学会に報告する予定という。

 前向き調査については、「今年冬の次期インフルエンザシーズンに行う予定だが、実態調査の結果を踏まえて調査内容を決める。詳細は未定」(中外製薬安全性情報部グループマネジャーの橋本雅実氏)という。(熊介子)

■ 関連トピックス ■
◆2004.4.5 日本小児科学会、タミフルの1歳未満投与について近く調査を実施

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  2. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:530
  3. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:253
  4. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:252
  5. インフルエンザ脳症で30代患者死亡、今季2例目 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:303
  6. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  7. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:151
  8. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:39
  9. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:194
  10. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:154
医師と医学研究者におすすめの英文校正